100件以上のネイルサロンへ行ってみて

| カテゴリー: ネイルコラム

100件以上のネイルサロンへ行ってみて

(編集注*2015年11月24日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは、川上笑子です。

この15年間、100件以上のネイルサロンに行ってきました。

1年に7、8店舗×15年・・・

有名店、人気店、チェーン店、個人店、激安店などもう色々行ってみました。

ホームページをみて、ブログをみて、あらゆるクーポンを使い、予約サイトを使い、様々な経路からも行ってみました。

ふつうにお客様として、お金を払って行きます。

タイネイルサロンTHAIバンコク

海外でも色々なタイプのサロンに行きます。

上記写真は、タイのバンコクで行ったネイルサロン。

バンコクでいちばん高級なネイルサロンに行ってみたくて、タイ人の友人に連れて行ってもらいました。2010年頃です。

ロンドンネイルサロンOPIイギリス

インココネイルシール

イギリスに留学していたときには、高級店、ベトナム人経営店、日本人経営のお店などに行きました。

そうそう、ロンドンでは、2011年にはインココはもう発売していましたよ。

タイプーケットネイルサロン

タイのプーケットでは、街中にあるリラクゼーションサロンへ。

爪を切ってもらいました。

ハワイネイルサロン日本

最近ですと、ハワイワイキキで庶民派のネイルサロンへ。

接客されず、放っておかれるのが心地いいときもあります。

フットネイルジミーチュウ

100件以上のネイルサロンに行くのは、勉強のため?

もちろん、勉強のためもあります。

しかし、やっぱり一番は、ただ好きだから。

ネイルサロンという場所がただ好きで、楽しんでいたから、どういうときに心地よいか、また行きたくなるのかを何度も体験することができました。

クライアントさんたちのサロン作りにも、そのワクワクな体験をフル活用して、反映しています。

勉強のために行く、という意識ももちろんいいと思うのですが、ネイリストとしてとか、オーナーとしての目線にならないように心がけます。

「お客様目線」や「お客様の気持ち」を自分自身が体験し、感じることが大事です。

あなたがもっといいサロンになる、お客様に喜んでもらいたいとお考えなら、ぜひ

オーナー目線は捨て、一人のお客様として、楽しんでネイルサロンに行ってみてください。

そして、どんなときに心踊る体験をするのか、ワクワクするのか実感してみてください。

自分がされて嬉しかったことを取り入れ、されて嫌なことは反面教師にする。

繁盛店のオーナーはネイルサロンに関わらず、いつも出歩き、勉強しています。

自分の嬉しい体験をサロン作りに反映するから、お客様が喜んで何度も通うお店になっていくのです。

 

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]