ネイルサロンブログから予約が入るメニューの書き方

| カテゴリー: ネイルサロン集客方法

ネイルサロンブログから予約が入るメニューの書き方

看板メニューネイリスト

ブログ記事の中でいちばん重要なのが、「メニュー記事」

毎日ブログを更新していても予約がない。

そんなサロンの90%以上は、メニューがわかりづらいのです。

クリアジェル、カラージェル、スカルプチュア・・

聞き慣れないカタカナが並ぶ、ネイルサロンのメニュー表。

ネイルサロンが普及しているとはいえ、ジェルネイルがどういうものか知らない人は多いもの。

クリアジェル・・・5000円

カラージェル・・・+1000円

アート1本・・・・105円〜

初回20%オフ!

このようなメニュー表をみて、どうやって予約すればいいのでしょうか。

メニューは5点セットが基本!

ブログからの予約を増やすには、内容・料金・時間を書き、メニューをわかりやすく説明することです。

そして必ず、写真付きでメニューの案内を書きます。

実例↓↓

ネイルサロンメニュー作り方

『コース名・写真・料金・説明文・時間』

メニューにはこの5点セットが基本です。

初回料金を設定する

あなたのネイルサロンのメニューを見る時というのは、初めて予約をするときです。

初めての方向けに「初回料金」を設定しましょう。

例)初回9,450円 通常12,000円(90分)

価格を下げることが目的なのではなく、迷っている方に対して「まずは試しに行ってみようかな」と予約へのハードルが下がります。

  • 初めての人が「自分のことだ」とわかる
  • メニューを選びやすくなる
  • 予約しやすい
  • 「行ってみようかな」と気持ちが動く

初回料金があることはお客様にとってのメリットなので、気づいていただけるように目立たせます。

定額コースを作る場合のポイント

定額コースをつくる場合、「コース名」をつくります。

コース名はシンプルな方がよいです。

例えばですが、”お姫様ピンクコース”などと名付けてしまうと、電話口で言うのも恥ずかしいですし、お客様は覚えることができません。

1度ご来店したお客様が覚えられるくらい、シンプルなネーミングにするとよいですね。

価格帯のコース名はNG?

7000円コース、8000円コースなど、価格ごとのコース名は、価格を重視したお客様が増えます。

価格ではなく、あくまでもサロンの価値に共感してご来店するお客様を増やしたい場合は避けたほうがよいかもしれません。

最後の決め言葉で予約につなげる!

最後に、メニュー記事をみた人に、とって欲しい行動を教えてあげます。

どういうことかと言うと、「予約がこない」場合の多くが、お問い合わせもお気軽に♪とか曖昧なクロージングになっています。または、していない。

×お気軽にお問い合わせ下さい

○お電話にてご予約ください

これが「マンションを購入する!」という場合は、高額ですしお問い合わせのほうがお客様の肩を押すでしょう。

一方で、ネイルサロンやマツエクサロンの場合は予約を前提に探していますから、予約をうながす言葉のチョイスをしましょう。

予約フォームの作り方(フォームメーラー)

ネイルサロンブログから予約が入るメニュー記事の書き方まとめ

ブログアクセスはあるのに予約がない場合は、見られているけど予約につながっていない状態です。

メニューが分かりづらい・予約しづらい・場所がわかりづらい等、お客様にとってわからないことが多い

まずは、この3点を改善してみましょう。

1、ネイルサロンのメニューは5点セットで書く

  • コース名
  • 写真
  • 料金
  • 説明文
  • 所要時間

2、初回料金を書く

3、ブログを見た人にしてほしい行動の言葉を書く

 

無料メール講座では、このページでお伝えきれなかった項目等もたくさん公開しています。ご登録ください。

『50万円売上げるひとりサロンへリニューアル術』
7日間無料メール講座(特典つき♡)

この記事をシェア