Googleマップにネイルサロンを登録しよう!方法・手順

| カテゴリー: ネイルサロンWeb集客・SNSノウハウ

googlemapスタバ

GoogleMapに住所を登録すると、GoogleMap上に自分のお店の情報を表示させることができます。

GoogleMapは、お客さんの検索に合わせて表示され、かつお店側は無料で掲載できるため、ネイルサロンオーナーさんは今すぐ登録した方がよいでしょう。

Google Mapに登録すると、こんな良いことが

1、グーグルマップに登録すると、自分のネイルサロンが、グーグルマップで表示されるようになります。

ネイルサロン検索した時に、そのキーワードに近い、関連性の高いお店をGoogle Map上に表示してくれるのです。

小さなサロンや個人事業主など、ビジネスの形態にかかわらず、誰もが登録できるのがGoogle Mapの良いところなので、まだ登録されていないオーナーは必ず登録をしておきましょう。

2、ホームページとは別に表示されます。

グーグルマップに登録しておくだけで、Google検索でネイルサロン名を検索されたときに表示されるのです。

営業時間、電話番号、お店までのルートも表示されるため、ホームページを持っていないお店にとっては、大きなメリットです。

※ただし住所非公開のサロンはこの恩恵を受けれません。

PC上で「スターバックス 渋谷」を検索した時↓ ↓ ↓

googlemapスタバ

クリックすると、画面がこうなります。

スタバグーグルマップPC表示

Google Mapの登録方法

Google Mapに自分のお店情報を登録するためには、Googleが無料で公開している「Googleマイビジネス」に登録する必要があります。

1、Googleマイビジネスに登録する

https://www.google.co.jp/business/ ←こちらをクリックし、「ご利用を開始」から、登録します。

2、 ビジネス名、住所等を入力

項目に沿って、入力していきます。

4、利用規約に同意の上、「続行」をクリック

会社名、住所、電話番号等を確認し、問題なければ次に進みます。

5、電話やハガキから確認コードの受取り

Googleに、自分はこのビジネスのオーナーであり、管理権限を持っていますよという確認のため、電話やハガキから確認コードを受取ります。

確認コードを入力すると、無事オーナーの確認が完了します。

6、お店に関する詳細情報を入力

お客様にGoogle検索やGoogleMapで見つけてもらえるように、「編集」から自分のお店、サービスに関する情報を入力します。

営業時間や電話番号を登録できるので、お客さんが正しく店舗へ来店できるように、間違えないように入力しましょう。

これで完了です!

この記事をシェア