ネイルサロンのお店の名前の決め方

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロンのお店の名前の決め方

(編集注*2015年4月23日に公開された記事を再編集したものです。)

 

ネイルサロンの名前は、お客様が覚えやすく、思い出しやすい名前がいちばんです。

お金をかけずにブログなどで集客したいと考えているなら特に、インターネットに強い名前を意識されるとよいでしょう。

あなたはもう店名の候補はありますか?

「ひと目でなに屋さんか分かる!」

あなたがこれからネイルサロンの開業をお考えならば、「ひと目でネイルサロンとわかる名前」にすることをお勧めします。

タイ料理屋さんを例にして解説してみますね。

この中でタイ料理やさんとすぐにわかるのはどの店でしょう?

  1. coci
  2. アジアンビストロ
  3. ジャスミンタイ

正解は、もちろん3番の「ジャスミンタイ」です。

1番のcociは名前を読むことも難しいですが、「コチ」と読みます。

恵比寿にあるおしゃれで大人気のタイ料理やさんですが、名前のレベルはツウ向けですね。

なぜ、わかりやすい名前が良いのか?

  • 検索にひっかかりやすい
  • 何の店かがわかりやすい
  • ネイルサロンに行こうと思っているお客様の目にとまりやすい

パッと見てネイルサロンと分からなければ、予約をいただく機会を逃しているといえます。

チラシやホームページ、ブログ、あらゆる場面でも「サロンの名前」は使われます。

店名を見て「なに屋さんか、すぐに分かる」ことは宣伝効果として抜群です。

インターネット集客に強くなる

ネイルサロンを探している人は「ネイル」や「ネイルサロン」というキーワードを入力するはずです。

お店の名前に「ネイル」が入っている方が、検索にひっかかりやすくなります。

3つのポイント!ネイルサロン店名の付け方

①店名に「ネイル」という言葉をいれる

店名に「ネイル」が入っていると、ネイルと関連したお店だとパッとわかります。

インターネット集客に強いです。

あなたが何か付けたい名前がある場合は、ネイルサロン●●(店名)のように、頭にネイルサロンをつければOKでしょう。

②本人しか読めない店名や難しい英語表記はNG

発音しにくいことば、何度聞いても覚えられないような店名は避けます。

フランス語、ハワイ語などは一見良さそうにみえますが、お客様が覚えにくい店名は避けたほうが無難です。

③コンセプトと一致させる

わたしの例でいうと、「ビオネイル」というサロン名です。 ビオはオーガニックと同義語です。

  • もともと自分がオーガニックなものがすき
  • オーガニックは生きてるという意味があり、いきいき輝いて生きる女性を増やすという願いを込めた
  • お茶やハンドクリーム、ネイルオイル等オーガニックな製品に厳選する

このように店名にストーリーがあると、それ自体がコンセプトになります。

あとは「店名の由来」がさっと言えると良いですよ。

お客様から質問される機会も多くあるので、簡潔に伝えられるといいですね。

店名のつけ方まとめ

  1. 一目で何のお店かわかる
  2. コンセプトと一致している(ストーリーがある)
  3. 覚えずらい英語、聞き取れないようなフランス語はNG

これらを意識して、店名を考えることで、検索に強く、かつ長く愛されるネイルサロンになります。

関連記事:

ネイルサロン開業のターゲット設定

ネイルサロン開業メニューと価格設定の決め方

ブログとHPだけで1ヶ月32名の新規予約が入るまでにした7つのこと

もっとネイルサロン開業・経営を知るために

ビオネイルの講座、コンサルティングでは、コラムに書ききれない具体例やマル秘ポイントまで、出し惜しみなくお伝えしています。

無料メール講座にもご登録ください。

50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座


ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!

『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座
ネイルサロン開業プロデュース
お客様のご感想・成功事例

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]