ネイルサロン開業届けを出すメリット

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業届けを出すメリット

開業届けメリット

今日は開業届けを出すメリットについてお話しします。

開業届を出すとどんな良いことがあるのでしょうか?

開業届けを出すメリットは

1、屋号名義の通帳が作れる

屋号、つまりお店の名前の入った銀行講座が開設できます。

(個人事業主の場合、屋号プラス本名が入ります)

売上は全てこの通帳に入れ、収支の管理を行えばお金の流れがひと目でわかります。

2、青色申告で確定申告ができる

白色申告ですと経費が認められません。

開業届けを出せば青色申告の手続きができます。

実は、開業届けを提出しても、上記2つ以外大きなメリットはありません。

逆に提出しないことで、法令を守らない人、という烙印を押されることになるだけです。

私が思う開業届けを出すいちばんのメリットは、「これからネイルサロンをやるぞ!」というやる気と、オーナーとしての責任感に繋がることだと思います。 

お客様からお金を頂くからには

私はコンサルティングという仕事を通じて、多くのサロンオーナーさんをみていますが、

”お客様からお金を頂戴するからにはきちんとする”

自宅サロンであっても、自分一人であっても、このように考えている人は、うまくいっていますね。

ばれなければいいとか、自宅サロンだからと考えるのではなく、『プロとして、お客様からお金を頂戴するからには』という自負がある。

この心が、経営者(サロンオーナー)の本質ではないでしょうか。

開業届けを出すデメリットは?

必ず、確定申告をしなければいけません。

所得が20万円以下でも、たとえ赤字だったとしても、廃業届けを出すまでは、必ず、確定申告をする義務があります。

青色申告承認申請書を出すメリット

  • 最大65万円の控除を受けることができる

青色申告にするだけで10万円、貸借対照表を作成すれば65万円を利益から引くことができます。 

  • 家族に給料を払ったとき経費にできる

その場合は「青色事業専従者給与に関する届出書」を提出します。

  • 赤字の繰り越しができる

赤字になった場合、翌年に持ち越して確定申告することができます。

開業した年は赤字だったが、翌年以降黒字になった場合は得になります。

※確定申告第四表(損失申告書)を同時に提出します。

赤字の繰越をするためには以下の2点を守る

  • 複式簿記で記帳する
  • 領収書や請求書等をきちんと保管する

ネイルサロンを経営していくなら、お金の動きを把握することや領収書の保管は必須になりますね。

初めて申請する方向けに、無料の青色申告勉強会も実施されています。

届出を提出すると申請住所に勉強会の案内が送付されてきます。

複式簿記の付け方、経費の考え方など超初歩的なことを教えてくれますよ。

 

税理士に会計・申告を依頼するメリット

税理士さんにお任せすれば、売上表と領収書を送付するだけで、会計・確定申告まで全てやってもらうことができます。

税理士費用は小規模なネイルサロンの場合、月15,000円程度〜、確定申告費用60,000円〜が相場です。

お店のことを考えてくれる良い税理士さんならば、会計作業をするだけでなく、経営方針、貯蓄のやり方、経費の使い方など、経営面もフォローしてくれるはずです。

MFクラウド会計」

税理士に依頼するのはまだ早い、そこまでお金をかけられないという方へ。

無料のお試し期間があるのはもちろん、毎月800円のみで、なんと確定申告までできる超オススメサービス。

私自身もお世話になり、クライアントも使用者が続出中の簡単会計。

入力するだけで、確定申告するための用紙が出来上がり、印刷すれば税務署に行けてしまう、という優れもの。

本当に楽!分かりやすくてオススメです。

開業届けを提出する

ネイルサロン開業届け

ネイルサロンを始めるときは、個人事業の開業・廃業届出書を税務署に出します。

難しく感じるかもしれませんが、例えるなら住民票程度の内容で、「書いて出す」だけなので、とても簡単です。

以下からダウンロードもできます。

 ・個人事業の開業・廃業届出書

個人事業主の方なら、「個人事業の開業・廃業届出書」とあわせて、「青色申告承認書」もまとめて提出するとよいでしょう。

(初めてネイルサロンを開業する方のほとんどは、こちらに該当するかと思います) 

 ・所得税の青色申告承認申請書

「青色申告承認申請書」を提出するメリットは、最大65万円の控除を受けることができることです。

よく分からないという場合は、税務署に行き、「ネイルサロンを開業するので手続きをしたい」と伝えれば、丁寧に教えてくれるはずです。

開業届を提出する際の持ち物

開業届けを提出する際に必要な持ち物はありません。

ただし税務署で開業届けを記入し提出するのであれば、印鑑を持参します。(100円ショップで購入できる認印でOKです)

開業届けはいつ提出するのか?

「開業した日」というのはいつになるのでしょうか。

ネイルサロンやエステサロンなどの場合、開業した日とは、お店のオープン日にする人が多数を占めるようです。

開業した日は、あなた自身で決めて良いのです。

私の場合は、サロンオープン日を「開業の日」としましたよ。

開業届けを出し忘れたら?

開業届けを出し忘れたからといっても、慌てる必要はありません。

通常は、開業の日から1ヶ月以内に、「開業届出書」を税務署へ届けることになっていますが、届け出を忘れてしまっても、何らかのペナルティがかけられることもありません。

気付いた時点で提出しましょう。

営業に許可の必要な美容室や飲食店ですと、開業届けを忘れたら大変ですが、ネイルサロンの場合はあまり問題ないでしょう。

開業届を出し忘れて翌年になってしまったら・・

大丈夫です。問題ありません。

ただし、青色申告での確定申告ができなくなりますので、白色申告で行います。

その場合は経費が認められないため、一定の税金を課せられることになります。

青色申告であれば開業費や人件費、商材の仕入れなどが経費として収入からマイナスされ、純利益にのみ課税されます。

青色申告の方が税金が安くすむので、最初は青色申告書を提出しておくことをおすすめします。

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!
『50万円売り上げる!ひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座

この記事をシェア