ネイルサロン開業するには?50万円売り上げるための準備・費用とは?

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業するには?50万円売り上げるための準備・費用とは? 

サンプルチップ

今日は「ネイルサロン開業したい」あなたのために、ネイルサロン開業のコツを3つに絞って公開しますね!

オーナーネイリスト一人で開業する場合、目指せる売り上げは50〜60万円といわれています。

もちろんもっと稼ぐことも可能ですが、今回は一人でサロンをオープンするあなたが、現実的に50万円売り上げるポイントをお話しますね。

自宅ネイルサロン開業の場合

自宅サロンとは、自宅の1室をネイルスペースにして開業する方法です。

メリット・デメリット

メリットは場所代がかからず、時間を自由に使えること。初期費用を抑えて開業できることもメリットです。

デメリットは集客しずらい、住所公開などの防犯面。生活感を出さない工夫も必要でしょう。

自宅ネイルサロン開業費用

自宅ネイルサロンの場合、施術用のテーブルとイス、ネイルの材料の3点だけ揃えれば開業することも可能です。

フット用と兼用でソファチェアにするのもいいですね。コメリなどの量販店でもリーズナブルで良いものを購入することができます。

わたしの場合、お客様が長時間座ることになるイスだけはこだわり、4万円ほどのリクライニングチェアを選びました。

ネイル材料費は、一通りのジェルネイルやラインストーン、ライトなどを揃えると30万円程度。

メーカーや、カラージェルを何色揃えるかによって異なりますが、予算を決めて最低限の準備をしましょう。

サロンオープン後、客層をみながら必要な色を増やしていくと良いでしょう。

自宅ネイルサロンの内装や制服は?

制服を着て接客をするとプロらしさが出ます。

仕事とプライベートの時間の区切りをつけることも出来る為、制服を用意することをおすすめします。

お客様の荷物置き、コート掛けなど、お客様が来店した時に安心して過ごせるための準備にも費用をかけるとよいでしょう。

マンションの1室でネイルサロン開業する場合

マンションを商用として借りて、ネイルサロン開業をする方法です。

「将来は自分のお店を持ちたい」と考える人も多く、夢を実現する過程はとてもワクワクしますよね。

メリット・デメリット

メリットは、自分の好きなようにインテリアや内装を決めることができ、かつ店舗を借りるよりも低予算で開業することができます。

自宅サロンでは住所公開をしない方が多い中、住所を公開し、正式にお店として営業することも新規集客をする上ではメリット大です。

デメリットは、マンション契約費用がかかる、看板が出せない物件では集客が大変なこと、住居者が多い場合は気を遣うことも。

看板集客は想像以上に効果があるます。マンションを借りる際は、看板が出せる物件を選びたいですね。

ネイルサロン開業物件はマンション?自宅サロン?店舗?

マンションの1室のネイルサロン開業費用

マンションの1室で開業する場合、契約費用がかかります。

そもそも家賃は、売り上げの10〜20%以内が目安!

売り上げ目標が50万円の場合、家賃は10万円以内に収めるべきです。

家賃10万円・敷金1・礼金1・仲介手数料1で、前家賃を含めると40万円必要になります。

サロン内装やインテリア、備品などを揃えると20〜40万円。

私がネイルサロンを開業した時は以下の費用でした。

物件取得30万円・ネイル材料40万円・照明器具やパソコン、植物やスリッパなどの備品30万円・ホームページ制作やポイントカードなどの販促物10万円

合計150万円程の資金をかけました。

ネイルサロン開業資金

自宅ネイルサロン、マンションの1室での開業のメリット・デメリットと開業費用についてお伝えしてきました。

ここからは、50万円売り上げるネイルサロン開業の3つのポイントをお伝えしていきますね!

1、1日の売上目標を決める

まずはあなたが幾ら稼ぎたいのか具体的な売上目標を決めていきます。

この記事では売上50万円を目標設定しているので、月商50万円で考えていきますね。

月の売上目標のみだと具体的に目指しにくい為、1日単位の目標に落とし込みます。

1日の売り上げ目標を達成できる日を増やしていけば、自然と月商50万円になりますよ。

1日の売上目標を決める

1ヶ月20日営業するとして

1日の売り上げ目標:25000円

これが50万円売り上げるための1日の目標売上金額です。

休日の目標は高めに、平日の目標は少し低めに設定しても良いかもしれませんね。

次に、25000円をどう達成するか?ですね。

1日の施術人数(集客人数)

25000円を売り上げるために、1日に何人のお客様を施術するか考えてみましょう。

客単価が5000円ならば、1日の施術人数は5名。

客単価が10,000円ならば、1日の施術人数は2,5名。

1日何人施術(集客)するかは、客単価によって大きく異なります。

お客様一人当たりの目標客単価

ネイルサロンの売り上げは、客数と客単価で決まります。

ネイリストオーナー一人で、1日に施術できるお客様は4〜5名が上限でしょうか。

余裕をもって、3名施術と考えると、一人当たりの客単価は8334円となります。

このようにして、

  • 1日の売り上げ目標金額
  • 1日の接客人数
  • 1人当たりの客単価

を具体的に考えていくことが重要です。

2、個人ネイルサロン開業は「客単価」を低くしすぎないこと!

一人でネイルサロン開業をする場合は、1日の施術人数が限られます。

1日の売り上げ目標25,000円・客単価5000円・1日5名接客の場合、1ヶ月100名集客しなければなりません。

しかし一人で、毎月100名を集客するのは大変です。

一人で開業するなら高単価サロンを目指す

オーナーネイリスト一人で開業する場合、1日3名〜4名の施術が現実的です。

20日営業・1日3名施術・客単価8334円あれば売上目標50万を達成できます。

この数字が、一人でネイルサロン開業をするあなたが現実的に目指せる数字です。

中々売り上げが上がらないと悩む多くのネイルサロンが、客単価が低すぎることがあります。

ネイリストオーナー一人のネイルサロン開業では、大手ネイルサロンの客単価とは一線を画す、高単価が必要です。

高単価のネイルサロンになるためには他のお店とは異なる工夫が必要です。

高単価ネイルサロンになるためには?(後ほどリンクします)

松竹梅のコースメニューで客単価アップ!

3、無料のブログやホームページを上手に使って集客する!

次にどうやって1日3名のお客様を集めればいいのか?を考えていきましょう。

多くのサロンオーナーが悩み出すのは実は開業後。

「想像していたよりもお客様が来ない・・」「どうやってお客様を集めたらいいかわからない」と90%以上の人が悩んでいます。

無料ブログを使って1ヶ月32名新規集客する!

一人でネイルサロン開業するあなたにおすすめなのが、無料ブログ(アメブロなど)

メリット

  • 無料!
  • 簡単に更新できる
  • 検索される

私はこの無料ブログに、プラス5万円で作ったホームページで、毎月平均10名、1ヶ月最大32名の新規予約をいただきました。

ブログから予約をもらう3つのポイント

 ブログから予約をもらうには、どんな記事を書くか、いつ更新するのかも大切ですが、一番重要なのが『メニューページの強化』です!

どんなに良い記事を書いても、アクセス数があってもメニュー記事の訴求力が弱いと予約につながりません。

そこでどうやってメニュー記事を強化するか、3つに絞ってお伝えしますね。

1、クリアジェル○○円、フレンチ○○円といった文字だけでなく、完成後の写真・時間・料金を明記する。

2、初めて予約するお客様が、どのメニューを選べばいいか分かるようにする。

3、メニュー記事からすぐに予約ができるようにする。

予約フォームを使うと◎

お客様は予約しやすく、あなたの手間が最小限で済みます。

予約の入るメニュー記事の作り方

ブログ記事に毎回インフォメーションをつける理由

フォームメーラー(予約フォーム)の作り方

無料ネット予約システム4選

いかがでしたでしょうか。

ここでは書ききれなかったお金エピソードや3つの特典テキストなどは、『ネイルサロン開業後の行き詰まりを打開する7日間無料メール講座』で受け取っていただけます。

無料メール講座を読んだだけで「初めてブログから予約がきました」「ブログアクセス1000以上あってもご予約0だったのが5件入りました!」といった嬉しいご感想をいただいています。

『50万円売り上げる!ひとりサロンへリニューアル術』7日間無料メール講座

登録後、無料メール講座でお会いしましょう!

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]