ネイルサロン開業し、オーナーになるということは

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロンカラー色仕組み

ネイルサロン開業を決め、これからあなたは、ネイルサロンのオーナーになります。

今までは、ネイルサロンの中のネイリストという従業員だった方が多いかと思いますが、これからはオーナーになるのです。

「ネイルサロンオーナーであるということを自分自身で、自覚する」ことが大切です。

1人で出来ることは意外と限られている

電話対応

サロンに勤務していた今までは、自分の他にもスタッフがいて業務を分担していましたよね。

これからあなたが、プライベートサロン開業をする場合は、一人で多くの業務を行うことになります。

  • 接客
  • 会計
  • 電話対応
  • 予約対応
  • 掃除
  • ブログの更新
  • 宣伝広告
  • 確定申告

これらのネイルサロン経営業務を全て一人で行うことになります。

人の力を借りる

全てを一人で背負い、がんばりすぎると、メンタル面から疲れてしまうこともあるでしょう。

そんなときは人の力を借りましょう。

サロン開業や経営に関することならば、コンサルティングを利用し、サービスや収益の構築、問題解決に役立てることもあります。

ひとりではないと感じれるサポート役がいることも、長くネイルサロンを続けるためにも必要かもしれません。

掃除も人の力を借りていい

タオル

掃除が苦手な方には、サポートサービスがたくさんありますよ。

私の場合、タオルの洗濯は専門業者の方に依頼していました。

1回2,000円ほど、60枚程度のタオルを洗濯してもらえます。

専用のバッグに詰めるので、電話一本で回収に来てサクッとお渡しできるのです。

2〜3日後には、畳んだ状態でサロンまでお届けしてくれます。

手間と時間が大幅に削減されて、とても助かります。

そのため、サロン開業時でも洗濯機や乾燥機を購入する必要もなく、開業コストを抑えることもできました。

予約対応は最小限の労力で大きな成果を

予約対応には「ネット予約システム」を取り入れることをおすすめしています。

無料で使える!「ネット予約システム4選 」ネイルやマツエクサロンにもぴったり!

お客様がご来店する前日の予約確認のメールから、来店後のサンキューメールまで、自動で行うことができます。

自動でできる所はお金をかけてもシステム化し、自分の労力を最小限にします。

その分、お客様対応(接客)に力を入れることができます。

この小さなシステム化が、一人でネイルサロン経営を行うオーナーの鍵となります。

ビジネスの金銭感覚をもつ

ネイルサロンオーナーとしての自覚を持つために、「ビジネスとしての金銭感覚をもつ」ことも必要です。

お金の動かし方ともいえますね。

スタッフとして働いているときは、サロンのお金の流れなどを考える機会はなかったかもしれません。

しかしこれからは、何にどれくらいのお金を使うかをあなたが考え、実行していきます。

投資と呼ぶこともありますね。

開業費には大きなお金がかかりますが、大きなお金を動かすという自覚も必要です。

開業費のページでは、どういったことにお金がかかるか説明していますので、目を通してみてくださいね。

お金の流れを把み、何にいくら使うか、サロンのお金の全体図を把握することもオーナーとしての役目といえます。

「サロンオーナーである」ということを自覚し、お金の流れを掴むことはネイルサロン開業成功の秘訣ですよ!

 

関連記事:

40万円かけたホームページの末路〜ネイルサロン開業失敗談〜

ブログとHPだけで1ヶ月32名の新規予約が入るまでにした7つのこと

無料で使えるネット予約システム4選 ネイルやマツエクサロンにもぴったり!

もっとネイルサロン開業・経営を知るために

無料メール講座では、このページでお伝えきれなかった項目等お役立ち情報や前に進みたくなるメソッドをたくさん公開しています。ご登録ください。

『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]