ネイルサロン開業後、ネイリストの求人をする前に

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業後、ネイリストの求人をする前に

ネイリスト求人

求人を出す前に、まずは「準備」が大切です。

人手が足りないからといってすぐに求人を出してしまっては、後々トラブルが起こることも考えられます。

トラブルを防ぐためにも、まずは求人を出すための準備を行いましょう。

オーナーネイリストが人を雇う場合の注意点

  • スタッフが長続きしないケース

その理由は一目瞭然で、「エースになれない」からです。

オーナーであるネイリストがお店の中で活躍している場合、オーナー以上のエースネイリストは誕生しません。

腕とかセンスの良さという問題ではありません。

「オーナーネイリスト」という肩書きをこえるものは存在しないからです。

自分はオーナーネイリストとしてどういう立場でお店に立つのか、どんな人材が欲しいか、よく考える必要があります。

オーナー自身が沢山のお客様を担当したいというなら、アシスタントレベルのネイリストでも充分でしょう。

今後はオーナー業に専念したい場合は、エースネイリストを誕生させるべく、求人を行うべきでしょう。

これは簡単ではありませんが、オーナーだけがエースネイリストでいるよりも、たくさん稼ぐことができます。

エースネイリストをたくさん作りまわす事が、繁盛する秘訣です。

7f59ebb67a4eea9dea63b80915fdda71_s-300x199

ネイリストの求人を行う前に準備すべきこと

求人を出すと決めたら、いくつか決めておく必要があります。

  • 勤務地
  • 就業曜日
  • 就業時間
  • 業務内容
  • 賃金額
  • 休日
  • 退職

これらに関する決め事が必須条件になります。

試用期間を設ける場合は期間を明確にしておきます。(民法627条1項)

また、ネイリスト検定資格は持っている人がよいのか持っていなくてもよいのか、未経験者は可か不可か、あなたのサロンで働いてもたうための採用条件を決めましょう。

その上で「この条件をクリアした人を採用する」このラインを明確にしておくこと。

逆にいうと「この条件をクリアしない人は採用しない」ということです。

この基準を明確にすることで採用の成否が決まります。  

必要書類

従業員を雇う場合、いくつかの書類が必要になります。

正社員・パート・アルバイトかにより異なりますが、アルバイトであってもきちんと働いてもらうためには、書類は整えておくべきでしょう。

トラブルを防ぐためにも雇用契約書は必ず作成し、オーナー、従業員共に同じ書類を保管しましょう。

  • 雇用契約書
  • 秘密保持誓約書
  • 銀行口座振込依頼書
  • 通勤手当申請書
  • 給与所得者の扶養控除(異動)申告書
  • 前職の源泉徴収票
  • 雇用保険被保険者
  • 年金手帳
  • 健康保険被扶養者(異動)届

どこに求人を出すのか

ハローワークに出すのが一般的ですが、ネイリストを募集する場合、自店のホームページやブログで募集することも可能です。

これから開業するために自店のホームページがない場合は、求人広告を出します。 早急に人材がみつかる可能性は高いですが、費用は高額になります。

ネイルショップやネイルスクールへ求人票を置いてもらうことも可能です。

助成金の制度を活用したい場合は、ハローワークに必要書類を提出した上で、求人を行います。

ホームページ、ブログで求人を行うメリット

すでにホームページやブログがあるというネイルサロンでは、これらの媒体を使用して求人することをおすすめします。

ホームページやブログをお持ちでない方は、今後のためにも作成しておくことを強くおすすめします。

一番のメリットは、よいネイリストが集まりやすいこと。

転職サイトなどではスペースが限られているため、募集条件が強く出ます。

サロンの雰囲気や具体的な仕事内容まで伝えることが難しいため、賃金や立地等条件面で判断せざるを得ないことになります。

しかし自店ホームページやブログを見て応募された方というのは、サロンの雰囲気や仕事内容を掴んでいることが多く、働き出してからもサロンを理解してもらいやすいのです。

そのためには、あなたのサロンの情報をホームページやブログに書けるだけ書いておくことです。

お店側と応募者のミスマッチが減ることで、採用にかかる費用も少なくてすみます。

デメリットをいえば、自店のホームページやブログが検索されなければいけないことでしょうか。

求人を行う前には、あなたのサロンに必要な人はどういう人か、何を重視するか、何を重視しないのかを決めておきましょう。

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!
『50万円売上げるひとりサロンへリニューアル術』
7日間無料メール講座

この記事をシェア