【赤裸々告白】ネイルサロン経営失敗談 私自身の場合

| カテゴリー: ネイルサロン失敗談

27966_110735508970434_1097773_n

こんにちは、川上笑子です。

今日はお恥ずかしながら、私自身のネイルサロン経営失敗談について、赤裸々にお話ししようと思います。

大失敗しています

何をかくそう私は、1件ネイルサロンをつぶしています。

大失敗しています。

ネイリストになって7年ほど経った27歳の頃。

夢だった独立開業をし、ネイルサロンを開きました。

しかし、開業したものの、1年半でお店をつぶしてしまいました。

バックパッカーにでる

インド一人旅ネイリスト

人生の路頭に迷った私は、インドやタイ、NYなどを大きなリュックを背負って、バックパッカーで放浪しました。

インドには1ヶ月ほど滞在し、インドで出会ったインド人と旅をしたり、ヨガをしたり、ガンジス川をぼーっと眺めながらチャイを飲んだり、お金をぼったくられたりしながら過ごしました。

しかし、長年の夢だったネイルサロン廃業で、次に何をしたらいいのか全く見出せず、中々人生を立て直すことができませんでした。

そしてその後、東京のマンションを引き払い、ネイル道具と身一つでイギリスのロンドンへ。

お金がなく、生活費を捻出するために、出張ネイルサロンを立ち上げることにしました。

最初はどうやってお客様をみつけたらいいのか当てもなく、1日中ぷらぷらとしていましたが、集客サイトを見つけて1ヶ月ほど試行錯誤しました。

全く反応がなかったのですが、2ヶ月目に入ると1件の予約が入りました。ロンドンに赴任中の日本人のキャリアウーマンの方でした。

不思議なもので、1件の予約が入ると、次々に予約が来るようになります。2ヶ月目にして一気に20名以上の方からご予約やお問い合わせを頂きました。

この時に初めて、「経営」や「集客」と向き合い、インターネットからお客様を集客することで成果が出せるようになりました。

この経験こそが今の私のコンサルティングの原型になっています。

ブログとホームページが得意、予約が入るネイルサロンブログをつくるセミナーをやるきっかけになっています。

失敗した当時を振り返る

今はこうして集客だの、経営だのといってますが、失敗した当時の私の個人サロンは、散々でした。

  • 新規集客できない
  • 意味不明の自己満ホームページ
  • ブログが日記

うまくいかない人の見本でした。笑

ネイルの技術は自信がある。接客もすき。

でも、お客様を呼ぶ方法を、全く知らなかったんです。

メンタルも弱かった

何のためにこの仕事をやってるんだろう?

いつまで頑張ればいいんだろう?

当時は開業している友人もなく、誰かに相談したいけど、誰に相談したらいいんだろう? と、モヤモヤ、メソメソ。

ネイルサロン開業の目的もあやふやで、何がゴールなのかが、わからなくなってもいました。

そういう時って、今しかみてないので、しんどいことにばかり注目するんですよね。

しかし、その失敗があったからこそ、2度目の開業では半年後に64万円の売上をつくることもできました。

お客様0からの再スタートでしたがm割と順調に軌道にのっていったと思います。

「なぜ失敗したのか?」を徹底的に考えたからこそ、ネイルサロン経営の本質に気付くことができたのだろうと思っています。

失敗して良かった!

失敗してよかった!

失敗は全然こわくない!といったらウソになりますが、失敗よりこわいのは後悔。

ネイルサロン開業を失敗したことより、親友との旅行を断ったことの方を未だに後悔しています・・

それでも前に進む!

失敗した私を救ってくれたのは、経営者のIさんでした。

ご自身も一度経営に失敗し、再起して、今また57名の社員さんがいる会社を経営されていました。

そのIさんから、こんなふうに声をかけられました。

「えみちゃん、失敗してからが勝負やで」

この言葉をかけてもらったことで、そうか、この失敗をばねにしようと奮起の気持ちが湧きました。

そして2回目のネイルサロン開業に至ったのです。

過去の失敗は肥やしに、未来は明るく、今日を楽しく。

まだまだ成長過程にありますが、 日々昨日より今日、1歩ずつ前進していきたいと思います。 

挑戦している人は失敗が多い  失敗したくなければ挑戦しなければいい

私はこの言葉を肝に命じています。

 

 

ネイルサロン開業・リニューアルをお考えの方へ

ネイルサロン開業プロデュース

もっとネイルサロン開業・経営を知るために

無料メール講座にご登録ください。

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』(ご登録特典つき)

 

募集中のメニュー

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]