個人ネイルサロンの領収書の書き方・発行について

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン領収書

ネイルサロンを開業すると、「領収書」を発行する機会も出てきます。

正しい金額の書き方や決まりなど、知識があやふやな方も多いのではないでしょうか。

今回は、この「領収書について、印紙税法上の定義から、書き方、収入印紙の取扱い、具体的なQ&Aまで幅広く解説していきます。

領収書に関する不明点がなくなるよう、確認してみてくださいね。

領収書とは

代金の受取人が支払者に対して、何らかの対価として金銭を受け取ったことを証明するために発行する書類のこと。(https://ja.wikipedia.org/wiki/領収書)

つまり金銭の授受が完了している事実が確認できるものであれば、領収書という表記ではなくても、レシートや請求書、納品書でも領収書として取り扱うことができます。

また所得税法や法人税法としての領収書は、経費申告するための帳簿書類となるため、一定期間の保存が義務付けられています。

領収書は、税務署に確定申告をするときに計上する経費の裏付けとなる、大切なものですね。

領収書を発行する目的

“発行する”人(ネイルサロン )にとっての領収書

領収書を発行するということは、お金を受け取る人、ということです。

  1.  売上の証拠、商品やサービスの代金を受け取った事を証明する
  2.  代金を支払った側から領収書を求められれば発行しなければならない

 “受け取る”人にとっての領収書

領収書を受け取るということは、お金を支払っている人(お客様)ということです。

  1.  商品やサービスの代金を支払った事を証明する
  2.  既に支払った代金を再度請求される事を防ぐ
  3.  領収書を請求する権利がある

領収書は、商品やサービスに対して、お金を支払う側が確実に代金を支払ったということの証明になります。また、お金を受け取った側が確実に代金を受け取ったことを証明するために発行されます。

領収書の書き方

領収書を作成する上で必要な項目は5点です。

  • 金額
  • 日付
  • 領収書を発行する側の名前
  • 領収書を受け取る側の名前
  • 理由

領収書個人印鑑

金額

領収した金額の数字の前に「¥」マークや「金」の文字を入れます。

末尾に「也」や「ー」(ハイフン)を入れます。

3桁ごとに「,」を入れます。また、金額が大きい場合には、漢数字の「壱 弐 参 伍 拾」で記載することもあります。こ

れらは、領収書の金額の改ざん防止のためのものです。(消費税法第30条9項)

日付

金銭を受領した年月日を記載します。

領収書を発行する側の名前

屋号(ネイルサロンの名前)があれば屋号、個人事業主の個人名、住所、連絡先を記載します。

手書きでもいいし、店印でもかまいません。その部分に少しかかる位置に、押印します。押印は必ずしなければならない決まりはありませんが、偽造や改ざん防止のために押印することが商慣習となっています。

領収書を受け取る側の名前

空欄または、「上様」でも問題はありませんが、具体的な宛名が記載されている領収書のほうが客観的に事実関係を確認しやすくなります。

誤認を避けるためには、宛名には正式名称を記入したほうが良いでしょう。

理由

「但し書」の箇所に、何に対する領収かを特定できるように記載します。

ネイルサロンなら施術代と書くのが一般的でしょう。

収入印紙について

領収書に記載されている金額が5万円以上の場合、売上金額に応じた収入印紙が必要になります。(2017年現在)

領収書に貼り付ける収入印紙は以下のとおりです。5万円以上の場合に印紙が必要となってきます。

5万円未満の場合、非課税
5万円以上で且つ100万円以下の場合、200円
100万円を超え且つ200万円以下の場合、400円
200万円を超え且つ300万円以下の場合、600円
300万円を超え且つ500万円以下の場合、1,000円

Q&A

Q:開業届けは出してないけれど、領収書は発行できるの?

A:はい、発行することはできます。ただし、一定額の売上になっている場合は、開業届けを出していなくても確定申告が必要になります。

いくらから確定申告が必要になるかは、それぞれにかかった経費などによって大きく変動します。

Q:携帯の電話番号を書いてもいいの?

A:はい、携帯の電話番号でも問題ありません。

関連記事:

ネイルサロン開業届けを出すメリット

サロンオーナーの”これだけはやっちゃだめ”3点ルール

効果的に良い意見が引き出せる「お客様の声」のつくり方

もっとネイルサロン開業・経営を知るために

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]