個人ネイルサロン経営お悩みナンバー1とナンバー2

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣

個人ネイルサロン経営お悩みナンバー1とナンバー2

ネイルサンプル価格

個人ネイルサロン経営に関する、最も多いお悩みナンバー1は「集客」

お客様はどうやったら来るんだろう。どうしたらもっと予約が増えるのだろう・・というお悩みですね。

次に多い、お悩みナンバー2は「客単価」についてですね。

集客というのはビジネスをしている人ならば常に向き合う課題といえますが、「客単価」というのは、個人ネイルサロンならではのお悩みではないでしょうか。

皆さんのお悩みは、ズバリ「価格を上げたい」

開業時にメニュー価格を安くしすぎてしまった。値上げしたい。どうにかしたい、というもの。

以前働いていたネイルサロンはこの位だったし、この値段でいこう。

近所のお店より、もっと安くすれば来てもらえるかも・・

こんな風に考えたことがあるなら要注意。

『価格は経営』と言われるほど、重要なものです。

特に一人でネイルサロン開業した人にとって、安すぎる価格は死活問題です。

オーナーネイリストとなる方でも、開業時は根拠のない価格設定やメニューを打ち出してしまい、ご自身の価値に比べて、安すぎる価格にしてしまう方がとても多いのです。

価格改定をするには、いくつかやり方があります

まずは、こうした状況にならないためには、『コンセプト』をハッキリと固めておくこと。

コンセプトをもたずに価格設定をしてしまうと、なんの変哲もない、どこにでもあるネイルサロンになってしまいます。

オーナーさんご自身が価格に対して納得していないまま経営をするので、自信をもって仕事をすることが難しくなります。

激安店でも利益は出すことはできます。

しかし、価格を安くして利益を出すには、経営力が必要になります。

ネイルサロン開業は初めて、というオーナーネイリストさんならば、実は、価格設定を高めに設定するほうが失敗しづらいといえます。

価格を上げるまでの期間を設ける

実際に値上げをしたい場合は、リニューアルを行い、コンセプトを一新するのがベストです。

リピーターである顧客には「●月から価格が変更になります」と事前にお伝えします。

離れるお客さまも出てくるでしょう。

それでも、今後何年もの経営を考え、判断することは、経営者としての役割かもしれません。

コンセプトがあれば、つぶれません

誰向けのどんな店で、どんなサービスを提供するのか?

開業前にコンセプトを決めておけば、つぶれることはありません。

しかし、開業後であってもコンセプトを決め直すことはできます。

それがリニューアルです。

リニューアルをすれば、コンセプトからメニュー価格まで決め直すことができます。

開業プロデュースの場合、まずはコンセプトから見直していきます。

クライアントを見ていても、コンセプトを見直し、たった1ヶ月で80,000円売上が上がった方もいらっしゃいます。

オーナーご自身が納得してサービスを提供していると、毎日がとても楽しく、充実して働けるようになりますよ。

 

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]