ネイルサロン売上収支シュミレーション

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

売上収支シュミレーション

ネイルサロンの起業、独立開業をお考えの方が、避けて通れないのが 「開業・運営シミュレーション」です。

「実際に開業にかかる費用」と「運営の収支モデル」という、ネイルサロンを開業する方なら誰もが気になる疑問をスッキリ解決します。

材料費などの仕入れ、販促費、人件費など、ネイルサロン開業後にかかる費用は
ネイルサロン開業費用シミュレーション

 

ネイルサロン開業後にかかる費用は?

ネイルサロン開業後の運営にかかる資金を算出することは、開業資金を算出する上でとても重要です。

ネイルサロン起業、独立開業もビジネスである以上、開業時に投資した資金をどのくらいで回収できるのかを基に、判断を下さなければならないからです。

ここでは、ネイルサロン開業後にかかる費用として、どういった経費があるのかを説明します。

次に、売上予測の立て方を解説します。

ネイルサロン開業後(運営)にかかる経費

ネイル用品費(原価)ネイルサービスに関する費用。売上に対して占める割合を原価率と呼ぶこともあります。適正な原価率に収まるようにうまくメニュー構成を工夫することが大切です。
賃料ネイルサロン店舗、マンションの賃料です。
水道光熱費水道・電気・ガス。コスト意識を持ち、節約できる部分はしっかりと節約しましょう。
通信費電話、FAX、インターネットの使用料金
人件費社員・アルバイトに支払う費用。曜日や時間帯ごとの見込み客数を立て、適切なシフトを組むことが大切。
クレジットカード手数料クレジットカードを利用した際にかかる手数料
修繕積立費サロンを運営していくとライトの故障や設備の不具合など何らかの修繕は必ず発生します。急な出費に対応できるように毎月一定額を積み立てておくのがおすすめ。
販促費(宣伝広告)お店を宣伝しお客様に来店いただくための費用
消耗品費トイレットペーパー、掃除道具、文房具などの費用
雑費細かな消耗品などその他の雑費

売上予測はどのように立てるの?

売上予測は下記の公式で求められます。

1日の客数(席数×回転数)×客単価×営業日数

立地や業態の特性を考えて算出します。平日、週末や土日で予想客数を変えるなど、なるべく細かく作りこむことが重要です。

繁忙期、平常、閑散期の3パターンを準備し、閑散期でも赤字にならないように計画するのが望ましいでしょう。

自分のやりたいお店のイメージと売上収支、うまく折り合いをつけながら作成していきましょう。

売上収支のシュミレーション

実際にシミュレーションしてみましょう。ここでは、以下のサロン情報と売上予測で行います。

開業費用シュミレーション

まとめ

売上から経費を引いて残ったものが「利益」となります。

高い売上があったとしても、経費も高ければ利益は少なくなります。売上をみるだけでなく、経費に幾らかかっているのかを必ず算出しましょう。

関連記事:

ネイルサロンに通うメリット

ネイリストとネイルサロンオーナーの違い

ネイルサロン開業物件はマンション?自宅サロン?店舗?

《初回限定》個別相談@東京・オンライン

申し込みを考えている方、一度会って話したいという方のために初回相談をご用意しました。初回限定で90分の相談が受けられます。まずはこちらをご予約ください。

《初回限定》個別相談 予約する

もっとネイルサロン開業・経営を知るために

無料メール講座にご登録ください。

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』(ご登録特典つき)

 

募集中のメニュー

この記事をシェア