ネイルサロン開業にかかった費用

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業費

(編集部注*2015年4月21日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは、川上です。

今日は、私自身がネイルサロンを開業したときにかかった費用を、Q&A形式で書いてみました。

これから開業する方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お金は?

100%自己資金です。借り入れはしてません。

開業費は?

総額150万円です。

ネイル用品代が60万円かかっています。1席のみのサロンにこの金額はかけすぎの金額ですが理由はあります・・

開業迄の期間は?

2ヶ月です。

開業前までロンドンに留学しており、帰国4ヶ月後にはオープン。

周りの人に驚かれるスピード感ですが、とにかく開業日だけ決めて完璧ではないままオープンしたのです。

運転資金は?

12月のオープン後すぐに1月、2月の閑散期に突入するため3ヶ月間赤字、その後3ヶ月間トントンくらいでも耐えられる金額を準備していました。

どんなネイルサロンを?

知り合いが運営していたエステサロン店を折半し、間借りのような形で営業することになりました。

ネイル1席、ネイリスト1名体制。駅から徒歩5分、テナントのようなマンションでのネイルサロンです。

わたしは運営者となり、施術は別のネイリストさんにお任せするつもりではじめました。

開業前にしていたことは?

「この地域でサロンを出店したい」などのこだわりは一切無く、オープンする地域性からマーケティングを考え、コンセプトやターゲットを考えていました。

ネイルの材料は予算とコンセプトを伝え、一緒に働くネイリストさんにお任せしてました。

出店前と出店後では?

当初、施術をする予定はなかったものの、人手不足や計画のずれでわたしも現場復帰することになりました。

スタッフを雇用するも2日で消えたり、大変なことが多くありましたが、そのうち慣れました。笑

出店地域とコンセプトがマッチし、大変良いお客様層に恵まれました。

オープン月の売り上げは?

開業前は日本にいなかったこともあり、顧客様はゼロ。

それでもオープンを知った友人や、昔からのお客様がご来店下さったおかげで赤字にはならずに済みました。

ただし、4万円かけた広告のご来店は2名のみ・・費用対効果は赤字です。。。

お店の宣伝はどうやって?

ブログとホームページからの集客がほとんどです。

あとはチラシを配ったり、閉店後にポスティングを毎日していました。

オープン当初は色々な広告媒体に掲載し、様々な広告を試してみました。

良かったのは、最初に利益確保より実績作りをしたこと。 これが後から大きな利益となって返ってきたんですね。

もともと一緒にはじめたネイリストさんを応援する気持ち、いずれはお店ごと譲るつもりではじめたネイルサロン。

当初考えていた方向とは違う方へ進みましたが、このサロンを始めたおかげで、接客サービスのスキル、ブログ集客のスキルが身につき、サロン経営の仕組み作りが得意になりました。

そこから学んだことは、経営者の考え方ひとつで全て変わるといっても過言ではない、ということ。

オーナーネイリスト1人のお店でも、それは経営者です。トップの考え方、意識ひとつでお店は良くも悪くもなっていきます。

「お客様を幸せにできるネイルサロン」が増えることを願い、開業プロデュースというサービスをはじめました。

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!

『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座

どこにでもある”普通のネイルサロン”から抜け出すキラーコンセプトと、ウェブから予約が入る仕組みを構築!ネイルサロン開業プロデュース

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]