ネイルサロン開業 お茶のサービスは必要?不必要?

| カテゴリー: ネイルサロン接客

(編集注*2015年8月21日に公開された記事を再編集したものです。)

 

ネイルサロンでお茶のサービスをしたほうがよいかどうか。

はっきり言ってしまうと、どちらでもよいです。(すみません・・笑)

サロンのコンセプトやコスト面など考慮して考えるべきで、必ずしもお茶のサービスがあったほうがよいとも言えないのです。

お茶のサービスをしたほうがよい場合

  • 高単価のサロン
  • おもてなし重視のリラックスサロン
  • プライベートサロン

お茶のサービスをしなくてもよい場合

  • 利益に対して価格帯がギリギリの場合
  • 回転重視のサロン

お客様一人にかける所要時間が短く、回転重視のサロンの場合は、お茶のサービスをするのは難しいといえます。

ただしお茶のサービスをきらいな人はいないでしょう。

お茶のサービスをしたいと考えるなら、予め、価格設定をするときに、原価にお茶代をいれて考えると良いですね。

一人あたり、いくらのコストをかけるか、決めておきましょう。

また、豪華なお茶やクッキーなどを出しすぎて、利益を圧縮しないようにしましょう。

お茶を出すタイミング

お茶はどのタイミングでお出しすればよいのか。

ご来店時にお茶を出すのか、お帰りの際に出すのか?

時間効率を考えると、御会計のときのほうがよいでしょう。

全ての施術が終わったあと、お茶をだして、御会計の準備をお待ちいただきます。

私自身の場合では、お客様がご来店時にお出しし、お帰りの際におかわりをお持ちしていました。

駅から少し距離があるサロンの場合、夏場は特に、ご来店時に冷たいお飲物を出すと喜ばれますね。

もし、効率を考えるなら、ペットボトルのままミネラルウォーターを出してもよいかと思います。

そうすればお茶を用意する手間を省くことができ、また、お客様は持ち帰ることもできます。ただし、おもてなし感はうすくなります。

ここでもやはり、あなたのお店のコンセプト、接客スタイル、客単価に合うやり方が大切になってきます。

お茶のサービスも物販につなげる

開業プロデュースで提案しているのは、お客様の目に触れるものは、すべて購入できるようにしておくこと。

ただお茶のサービスをするだけではコストがかかるだけですが、販売につなげるのが優れたサロン経営です。

お客様がお飲みになったお茶を、店頭で購入出来るようにしましょう。

おいしいお茶ならば、家に帰ってまた飲みたいと思う方もいるでしょうし、物販売上も上がるので、お店側にとっても有り難いサービスとなります。

物販をすることで、少ない労力で売上を伸ばすことが可能になります。

 

無料メール講座では、このページでお伝えきれなかった項目等お役立ち情報や前に進みたくなるメソッドをたくさん公開しています。ご登録ください。

『50万円売上げるひとりサロンへリニューアル術』7日間無料メール講座(特典つき♡)

ネイルサロンコンサルティング
ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!

『50万円売上げるひとりサロンへリニューアル術』7日間無料メール講座

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]