ネイルサロン開業事業計画書とは

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

事業計画書ネイルサロン

こんにちは、川上笑子です。

ネイルサロン開業の事業計画書とは、あなたの頭の中にある夢・想い・アイディアを、数字や文字をつかって可視化することです。

事業計画書をつくることで、自分の考えや計画を客観的にみることができるようになり、開業するためには何をすればいいのかが明確になります。

ノートに必要なことを書き出してみるだけでもよいですよ。

私自身もそう、ノートに書きなぐっただけの計画書から始まりました。

かっこよく書く必要はなく、手書きでぐちゃぐちゃの計画書でもいいので、可視化することが大事です。

事業計画書・12の必須項目

1、事業名
2、経営理念(コンセプト)
3、事業の特徴
4、顧客ターゲット
5、顧客ニーズ
6、販促方法
7、商品・サービス
8、仕入れ先
9、市場規模の分析
10、必要な資金・調達方法
11、損益計画
12、実施スケジュール

  1、の事業名は、あなたの場合ならネイルサロン事業となるでしょう。

4、の顧客ターゲットは、どんなお客様にきてほしいか、ですね。

7、販促方法とは、どうやってお客様を集めるか?

広告を出す以外にも、看板を出す、ブログを書く、チラシを配るなどもあてはまります。

9、市場規模というのは、大きくいうとネイル業界の動向や成長性、お客様は何を求めているか?ということや競合店の分析ということになります。

10、11は必ず数字で表します。

売上、家賃、ネイル商材の費用、ランニングコストを書き出します。

12、サロンオープン日を決め、逆算してスケジュールを組みます。

開業プロデュースでは、これらの全てをサポートしています。

いっしょに事業計画を立てたり、数字を出すのが苦手な方をサポートしています。

苦手なことに時間をかけてがんばる、自己流なだけでは、軌道にのるまでが遅くなり、その分ライバルは進んでいくでしょう。

私のネイルサロンが、60万円売り上げるまでの期間は約7ヶ月でした。

数万円の売上で何ヶ月も過ごすより、プロデュースを受けることであなたの得意なことに注力できる環境ができます。

その方が早く、30万〜50万円しっかり売り上げられる個人ネイルサロンになっていけますよ。

 

ネイルサロンコンサルティングネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!
『50万円売上げるひとりサロンへリニューアル術』
7日間無料メール講座

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]