【キャッシュレス・消費者還元事業】個人ネイルサロンや自宅サロンは?

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

個人ネイルサロンや自宅サロンのオーナーさま、キャッシュレス・消費者還元事業のお申し込みは済んでいますか?

お客さまが最大5%のポイント還元を受けられるようにするには、加盟店登録をする必要があります。

ただ、ペイペイ、LINE Pay、楽天ペイなどたくさん種類があり、何の決済事業者を選んだらいいか迷いますよね。

そこで今日は決済事業者の選び方とキャッシュレスについて解説しますね。

キャッシュレスとは?

キャッシュレスとは、現金を使わない支払い方法全般をさします。

クレジットカードやSuicaをはじめとした交通系ICカードに加え、電子マネーやアプリ決済などさまざまな種類のキャッシュレス決済サービスが台頭しています。

キャッシュレス・消費者還元事業が「キャッシュレス決済」と定めているのは、次の方法です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 電子マネー
  • QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段

キャッシュレス・消費者還元事業とは

キャッシュレス・消費者還元事業とは、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、キャッシュレス支払いを行った消費者にポイント還元を支援する事業です。

https://cashless.go.jp/

“消費税率が10%に引き上げられる2019年10月から9か月間、キャッシュレス決済をした消費者に最大5%が還元される国の補助金事業です。消費者にとってのメリットのみならず、キャッシュレス決済用の端末導入費用補助や手数料補助など事業者にとってのメリットもあります。”

クレジットカード

簡単にいうと、あなたのネイルサロンがキャッシュレス・消費者還元事業の申請をすることで、お客様がクレジットカードや電子マネーでお支払いをした際に5%還元される仕組みです。

同時に、ネイルサロン側がクレジット会社に支払う手数料も3.24~3.95%→期間中2.16%と安くなっています。ペイペイやLINE Payは手数料が0%です。

加盟店お申し込み方法

加盟店登録へのお申し込みは、ちょっと手間ですが決済事業者ごとに一つ一つ行います。

ペイペイを使っているならペイペイのキャッシュレス・消費者還元事業に登録。LINE PayならLINE Payのキャッシュレス・消費者還元事業に登録します。

まだの方も大丈夫。2020年4月末まで申請可能です。

キャッシュレス決済を行う決済事業者

補助金事業の対象事業者:PayPay、楽天市場、Yahoo!シッピングなどた〜くさんあります。

ペイペイ、ラインペイは知名度も高く、使っているお客さまも多いので、ネイルサロンには必須。

ペイペイは特に使いたいお客さまが多いから、導入必須で!

■ペイペイのキャッシュレス・消費者還元事業に登録

■LINE Payのキャッシュレス消費者還元事業に登録

クレジットカード決済とQRコード決済どちらもできるのは、楽天ペイやコイニー。

機能はほとんど変わらないのでどれでもいいけれど、Suicaも使えるのは楽天ペイとコイニー、あとエアーペイ。

クレジットカードのみのシンプルな機能ならスクエアです。

スクエアのキャッシュレス・消費者還元事業に登録

楽天ペイのキャッシュレス・消費者還元事業に登録

自宅サロン・個人ネイルサロンの注意点

キャッシュレス・消費者還元事業になるには「開業届け」が提出済みなことが条件です。

開業届けとは個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類で、正式名称は「個人事業の開廃業届出書」といいます。税務署で提出した際に返却された、控え印を押印された開業届を提出する必要がありますので準備しましょう。

余談。

私がクレジット決済で利用しているペイパルは10月になって事業者申し込みが始まりました。申し込みは完了していますが対応はこれからです。

注意点は、利用者が還元を受けるにはアカウント登録が必須になることです。ペイパルはログインをしなくても決済できますが還元を受ける場合はログインをした状態で決済を行わなければいけません。

コンセプトから集客まで、0から50万円売り上げる!マンツーマン「ネイルサロン開業プロデュース」

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

この記事をシェア



ページの先頭へ