【丸秘】カラージェルでブランディングする方法

| カテゴリー: クライアントの声&コンサルティング事例

川上笑子です。こちらの「カラージェル100種類!」にもう騙されたくないのつづき。

カラージェルの色を公開してくれるネイルサロン・ネイリストさん続出で喜んでおります!ワンカラーがたくさん出るサロンや、OL・大人向けのネイルサロンは効果大なはずです。

公開するだけでサロンの特徴が打ち出せるという簡単さなので、ぜひやってみてくださいね!

さて今日はさらにステップアップしたい方へ。

カラージェルをつかってブランディングが可能なこと、ご存知でしたか?

今回このコラムを見ている方だけに、はじめて言いますね!

皆さんはカラージェルをどんな基準で増やしていますか?

たくさん色味があった方がいいから、とりあえず全色揃えよう、新色が出たから、この色好きだから、とやたらめったら買っていませんか?

自分が好きなジェルを使い、サンプルをつくり、なんとなくインスタにアップする。これだと、なんの個性もないばかりか、なんと、ダサく見えてしまうんです・・!!!

ネイリストの自己満足にならず、カラージェルでブランディングする方法!

1、私のサロンといえばのカラーを決める

「この色は私らしいよね」という色味を決めます。

例えば私の場合だと、ビオネイルといえば中間色!スモーキーなグレイッシュカラー。サンプルに原色は使わない。ビビットな色みやギャルっぽい色味はなし。

OL向けのナチュラル系のサロンさんだと、「ピンクベージュ・ベージュ・グレージュ」が私らしい色だったりとか。

サンプルチップをバーっと並べた時に、ごちゃごちゃしていると感じたら統一感がない証拠。すべてのサンプルが同じ雰囲気になっているのが正解。

2、使わない色を決める

使う色を決めるだけだと、足りない。余計な色も使ってしまい、結局バラバラな世界観になることが多いから。

使わない色、「この色はらしくないよね」という色を決めます。

これは開業プロデュースでよくやりますが、コンセプトや方向性に合わせて、カラージェルを選別します。(めちゃくちゃ好評)

一人でやっているサロンなら、最新アートよりも、自分のキャラに寄せることが重要。キャラに合わないカラージェルは断捨離してもらいます。

いますぐサンプルを並べて、眺めてみてください。そして、使わない色を決めてください。

3、オリジナルカラーをもつ

『他ではやれないから、ここに来るしかなくなる』お客さまがサロンにくる理由ができます。

オリジナルカラージェルを増やすタイミングも、年間計画で決めると尚GOOD。春の新色、夏の新色などとうたってキャンペーンにするのも良し。

まとめ

誰をターゲットにするか、地域性でも好まれる色味は異なりますが、どんなカラージェルを使うのか、使わないのか、一貫性を持たせること。

それだけで、お金をかけずに”サロンの世界観”ができてきます。サロンのイメージが固まっている、印象が統一されている、それがブランディングです。

ブランディングによって予約が一気に増えるというより、『このサロンの雰囲気ツボ!あなたにやって欲しい!』という濃いファンが増えるイメージです。

そしてネイリストさんにとってはサンプルが作りやすくなり、無駄なカラージェルを買うことが減るので経費も削減でき、いいことずくめなのです。ぜひお試しください。

メルマガ無料バナー
ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
ネイルサロン開業プロデュース
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ