ネイルサロン開業で使う必要経費の種類と用例

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業で使う必要経費の種類と用例

ネイルサロンで使う必要経費の勘定科目をまとめました。参考にして活用くださいね。

ネイルサロン開業で使う経費の種類と用例

ネイル用品費(原価)ネイルサービスに関する費用。
売上に対して占める割合を原価率と呼びます。適正な原価率に収まるようにうまくメニュー構成を工夫することが大切です。
地代家賃(賃料)ネイルサロン店舗、マンションの賃料です。
水道光熱費水道・電気・ガス。コスト意識を持ち、節約できる部分はしっかりと節約しましょう。
通信費電話、FAX、インターネットの使用料金
旅費交通費電車賃、バス代、タクシー代、宿泊代など
消耗品費トイレットペーパー、掃除道具、文房具などの費用
人件費社員・アルバイトに支払う費用。曜日や時間帯ごとの見込み客数を立て、適切なシフトを組むことが大切。
外注工賃外部の業者に業務委託した場合の費用
例)電気工事費、デザイン、ホームページ運営費
クレジットカード手数料クレジットカードを利用した際にかかる手数料
宣伝広告費お店を宣伝しお客様に来店いただくための費用
荷造運賃販売商品の包装材料費、荷造りのための賃金、切手、はがき代など
車両運搬費事業につかう車両(普通自動車・軽自動車など)やタイヤ等の運搬具。有形固定資産の勘定科目で決算には減価償却が必要。
修繕積立費サロンを運営していくとライトの故障や設備の不具合など何らかの修繕は必ず発生します。急な出費に対応できるように毎月一定額を積み立てておくのがおすすめ。
接待交際費取引先や得意先の接待費用、事業に関わる人との交際費用
例)取引先との飲食代、お得意先へのお祝い金・贈答品等
損害保険料万が一の事故や災害から守るためにかけた保険料
租税公課税金や公共料金として支払った費用

例)個人事業税、固定資産税、不動産取得税、自動車税、登録免許税、印紙税
雑費上記に当てはまらないもの、細かな消耗品などその他の雑費
例)ごみ処理代、クリーニング代

自宅サロンの家賃・車代はどうなる?

自宅サロンインテリア

自宅サロンの場合、自宅の一部を仕事スペースとして使っているとと思います。

その場合は、個人(生活)で使っている割合と、仕事で使っている割合をだし、仕事で使っている部分のみを経費に計上できます。

サロンとして使っているスペースの割合をだします。仕事用に自宅面積の1/5を使っているのなら、家賃の1/5を経費(家賃)として計上できます。

お客様の送り迎え等、自家用車を仕事と兼用で使っている場合も、仕事と自家用での使用率を出して、仕事の分(ガソリン代、駐車場代の一部、修理代など)が費用として計上できます。

 

例)家賃が100,000円で、仕事スペースで自宅の1/5使っている場合(※自宅の広さが100平米・サロンスペースを20平米とします)

家賃の1/5を経費として計上することができます。

家賃100,000×1/5=20,000

20,000円を地代家賃として仕訳をします。

 

レシートや領収書は、7年間の保管義務がありますので、年度ごとにファイルにして保管するようにしましょう。

 

 

無料メール講座(メルマガ)

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ネイルサロン開業・リニューアルをお考えの方へ

ビオネイルについて
ネイルサロン開業プロデュース
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例
申し込み・お問い合わせ

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]