ネイルサロン開業・経営・マーケティング用語 一覧 素材

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業用語一覧

あ行

Win-Win(ウィンウィン)

Win-Winとは、自分と相手の両方にメリットのある事。類似語に「三方良し」がある。


売上

売上とは、販売した商品の対価。お客様から頂くお金のこと。


か行

開業資金(かいぎょうしきん)

開業資金とは、開業するために必要なお金のこと。サロンを立ち上げるために必要となる経費のこと。個人ネイルサロン開業資金、何にお金がかかるの?


客単価

お客一人当たりの平均使用金額のこと。「平均客単価」を略して、「客単価」と呼ぶ。総売上高を総客数で割ることで求められる。


キャッチコピー

一瞬で心を掴む文章。消費者の心を強くとらえる効果をねらった印象的な宣伝文句。


キャンセルポリシー

予約キャンセルについて定めた規約。ルール。注意事項。発生するキャンセル料などについてまとめたもの。個人サロンにキャンセルポリシーはあった方がいい?


競合店(きょうごうてん)

競合店とは、自分のお店とお客さんを取り合うことになるようなお店のこと。ライバル店。お客さんがネイルサロンを選ぶ際に選択肢として入りそうなお店のこと。


クレーム

サービスや商品に対する苦情。問題点を指摘すること。


経費

サロン運営を行うために必要なお金。例)商品の仕入れ代金、家賃、駐車場代、電気代、電話・インターネット代金、仕事に関連する本、交通費・ガソリン代等


原価

商品やサービスを提供するためにかかる費用。例)ジェルネイルの材料、ストーン、クリーム等


固定費

来店客数や売上の増減に関係なく発生する経費のこと。例)家賃


コンセプト

自社の指針。自社の特徴や他社との違いを簡潔に表現したもの。


コンサルティング

問題を見つけ、解決方法を提案する

さ行

失客

一度来店したお客様が来なくなってしまうこと


セミナー

体系化された知識を学ぶ


損益分岐点(そんえきぶんきてん)

売上と費用が一致し、利益も損失も出ない時の売上高で、損益分岐点売上高ともいう。赤字でもなく黒字でもない損益が0の売上高。

売上が損益分岐点を越えると利益が出る。黒字。下回ると損失が出る。赤字。


た行

ターゲット

自社のお客様・顧客層


棚卸し(たなおろし)

原材料(ジェルやパーツ)、商品、販売用消耗品などの数量や金額を確認すること。

棚卸しは定期的に、かつ高い頻度で行う必要がある。材料、備品等の在庫チェックを実施して、適正在庫を把握する。

あらかじめ棚卸表を作成し、頻度を決め、棚卸をしていくことが必要である。(月1回推奨)


投資

将来得られるであろう大きなリターンに対して行う行為や費用

は行

物販

商品・製品を売ること


変動費

売上に対して増減する費用。例)原価


ブランディング

会社と顧客双方がもつイメージを統一すること


ポジショニング

ま行

マーケティング

売り込まなくても、お客様が自然に買いたくなる仕組み


ら行

リピート率

お客様

利益

もうけ。売上から原価を引いた金額

※「売上」は「いくらで売れたか」を表す言葉。それに対して「利益」は、「いくら儲けたか」を表す言葉。


 

今後も増やしていくのでブックマークしてください!

▶︎個人ネイルサロン開業の流れ

▶︎更新★セミナー・講座のご感想・生徒さんの声

 

ネイルサロン開業プロデュース

開業プロデュース
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例
申し込み・お問い合わせ

この記事をシェア



ページの先頭へ