予約時間に遅れるかもしれないですがいいですか?のLINE返信方法

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣

ビオネイルの川上笑子です。

先日クライアントのサロンオーナーMさまから、こんな相談がありました。

「●日に予約をお願いします。仕事帰りのため道路状況によって予約の時間に遅れるかもしれないですが、いいですか?」

と、お客さまからラインがありました。

どう返信したら、角がたたずにお返事できますか?

この日はつぎの予約がないから、時間は大丈夫だけど・・

1回okと言ってしまうと時間にルーズになってしまいそうだし・・

かといって怖い人になってしまうのも嫌・・

顧客への対応に困るときがありますよね。特にちいさなサロン、ひとりだけのサロンだとお客さんと気まづくなるのは避けたいですし。

そんな時は、「大丈夫ですよ!+遅れた場合に起こりうること」をお伝えするようにします。

いったん状況を受け入れて、その上で遅れた場合に起こりうることをお伝えしましょう。

時間の短縮をお願いするかもしれない、やりたいデザインができなくなるかもしれないなど『遅れるとできなくなること』がありますよね。

メール返信も開業スキル

私とラインでやり取りしたあと、お客さまへラインを返信されたオーナーMさん。

お客さまの方から時間の変更を願い出て下さったとのこと。よかった、よかった。

サロンの予約は電話予約、ネット予約、ライン予約と選択肢が増えています。

ラインは文章が必要になるので返信に時間がかかる、タイミングが難しいなど苦手意識を持つ方も多いですが、メール返信も開業したら身につけるスキルです。

お客さんと直接やり取りする業務は重要な役目。ちょっとした対応から、仕事の在り方が垣間見えることもありますし、やり取りによって信頼関係が深まることもあります。

私もメールやラインはかなり苦手でしたが、自分がお客の立場になることをイメージし、誠実に対応することを心がけたら信頼していただけたり、喜ばれたりして、徐々に苦手ではなくなっていきました。

ライン返信術だけで、セミナーができそうですねー。

【テンプレート付き】個人サロンにキャンセルポリシーはあった方がいい?

 

開業プロデュースや継続パートナーのクライアントさんにはこうした具体的なやり取りも一緒に考え、提案まで行っています。

悩みというほどでもないけれど、一人だと中々解決しにくいメールの返信方法も期間中にしっかり身についていきます。

 

コンセプトから集客、スタッフ採用まで、マンツーマンでサポートする「ネイルサロン開業プロデュース」

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
募集中のサービス・セミナー
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア