【海外】イギリスで出張ジェルネイルをしていた時の道具

| カテゴリー: 海外出張・海外で働く

ビオネイルの川上笑子です。

私は以前、イギリスのロンドンで出張ネイルをしていた時期がありました。

お客さまの自宅にネイル道具をもって伺い、施術をするネイリストです。

そんな中で、「どんな風に道具を持ち運んでいたの?」という質問があったので、イギリスで出張ネイルをしていた時の出張道具やバッグを紹介したいと思います。

出張ネイルをはじめた頃は、サムソナイトの大きなスーツケースにネイル道具を入れて出張していたのですが、東京とちがって階段が多くて大変で。

バックパッカーに最低限の道具をつめて、お客さんの家に出張するスタイルに。

バックパッカーはカリマーの45リットル。

このバックパッカーに道具を入れて移動。

玄関でお会いすると、皆さんビックリしていました笑

無印良品のプラケースに道具を入れて。

ファイル、ブラス、ニッパー、リムーバーやエタノール、コットン、ネイルオイルなど。

コットンを入れたケースも無印良品。

仕切りが2つにわかれているので、便利!

ジェルネイルオフ用と消毒用のコットンを分けて準備できます。

マトリョーシカのように大きなケースの中にコットンケースを入れてます。

蓋を閉めると、スッキリ。

そしてカラージェルはというと、こんな感じ。

カラージェルのサンプルも無印良品のケースに入れてます。

カラージェルは今は廃盤であろう、エリコネイルのネイルバックに入れていました。

持ち運んでいたネイルサンプル。

10年以上前ですから・・時代を感じますね・・・

この出張ネイルにたくさんお問い合わせいただいたお陰で、私は開業失敗から立ち直れたと言えます。

知り合いが一人もいなくても、何とかなる!ネイルがあれば、お客さんを増やす術があれば世界のどこでも生きていけると思えたのもこの時。

ネイルは今の私をつくってくれた原点です。

 

 

開業知識0、お客さん0から軌道にのる!これまで40サロン以上の成功をサポート!東京から大阪、兵庫、北関東まで多くの実績があります。ネイルサロン開業プロデュース

 

ネイルマックス4月号「マニキュアリストに必要な”センス”とは?」掲載

ネイルマックス12月号「マニキュアリストのお金事情」6ページ担当

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

友だち追加

この記事をシェア