初めてのサロン開業!名刺には何を書いたらいいの?

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

起業名刺何を書く

こんにちは、川上笑子(@bionailemi)です。

ネイルサロンを開業すると決めたら、名刺は必ず作りましょう。

名刺に記載する必須項目

・サロン名

・肩書き

・名前

・住所

・電話番号

・メールアドレス

・ブログやインスタグラムのQRコード

上記がスタンダードな項目になると思います。

その他では、お店のキャッチコピーやロゴマーク、顔写真を入れると覚えてもらいやすくなります。

センスのいい名刺にする方法

女性を相手に仕事をするネイリストやフリーランスなら、ダサい名刺はNG。名刺がダサいとサロンやデザインもダサい印象を与えてしまいます。

美容やおしゃれに関わる仕事をする人なら、センスのいい名刺をもつことで、いい印象を与えることができます。

センスのいい名刺になる要素は

・紙の材質

・名刺の色

・立体加工やエンボス加工

などを加えると、「他とは違う」「すごい!」と一目置かれます。

私の名刺は真っ赤・厚めの紙に、少ない文字で、印象付けようと思いました。

名刺交換の際に話のネタにもなりますし、「赤を見ると思い出す」「それだけ情熱を持っている」と印象付けることに成功しました。

頼んだ名刺屋さんは無くなってしまったのですが、自分で作りたい時や、簡単におしゃれな名刺作成ができるのはこれかな。

カスタムデザイン名刺【whoo】

ショップカードとの違いは?

・名刺は自分を知ってもらうもの

・ショップカードはお店の案内をするもの

ショップカードはお店の名前や地図、営業時間などを記載します。

予約や連絡がすぐにできるように電話番号やラインのQRコードを必ず記載しましょう。

まとめ

名刺はビジネスの相手と「交換する」ことが前提です。交流会や直接会った人に渡します。

ショップカードは「販促ツール」です。誰でも持ち帰ることができます。他のお店に置いてもらうこともできるでしょう。

サロン内に置いて、誰でも自由に持ち帰ってOKの「販促ツール」として使いましょう。

ネイルサロンを開業するなら、名刺とショップカードを作りましょう。

クライアントさんには名刺やショップカードの作り方、センスのよいデザイナーさんや印刷会社さんもご紹介しています。お気軽にご相談くださいね!

コンセプトから集客まで、0から50万円売り上げる!マンツーマン「ネイルサロン開業プロデュース」

無料メール講座(メルマガ)

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
セミナー・イベント
サービス一覧
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ