初めての開業!名刺には何を書いたらいいの?

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

起業名刺何を書く

こんにちは、川上笑子(@bionailemi)です。

これからネイルサロンを開業する場合、「名刺には何を書いたらいいのか」というお話をしますね。

名刺に記載する必須項目

・サロン名

・肩書き

・名前

・住所

・電話番号

・メールアドレス

・ブログやインスタグラムのURL

上記がスタンダードな項目になると思います。

その他では、お店のキャッチコピーや、ロゴマーク、顔写真を入れる場合もありますね。

印象に残る工夫をする

印象的な名刺をもつことで、相手に覚えてもらいやすくなります。

・紙の材質

・色

・立体加工やエンボス加工

顔写真や似顔絵

「思い出してもらう」こともビジネスでは大事です。

私も「ネイルサロンに行こうかな」と思った時に、思い浮かんだ人に連絡してお願いすることもよくあります。

また、私自身の名刺は真っ赤な厚での紙に、少ない文字で、色を印象付けました。

名刺交換の際に話のネタにもなりますし、「赤を見ると思い出す」「それだけ情熱を持っている」と印象付けることに成功しました。

思い出してもらえる人になることは、ビジネスにとって重要です。

ショップカードとの違いは?

・名刺は自分を知ってもらうもの

・ショップカードはお店の案内をするもの

ショップカードはお店の名前や地図、営業時間などの記載が必須になります。

お客さまが問い合わせや予約をしたい時の連絡先は、必ず記載しましょう。

・名刺は交流会や、直接会った人に渡すもの

・ショップカードは誰でも持ち帰れるもの

名刺はビジネスの相手と「交換する」ことが前提です。

ショップカードは「販促ツール」です。

誰でも自由に持ち帰ってOKですよという前提で使います。

ショップカードは、他のお店に置いてもらったり、交流会やはじめましての人に、気軽に渡せる「販促ツール」として使います。

名刺を配り歩くのは、企業にいる人が多いでしょう。会社の住所や電話番号ですので、個人の情報はほとんど記載されていないからです。

しかし、自宅サロンオーナーの名刺には個人情報がつまっていることになります。渡す相手を選ぶか、記載する情報を選別することをお忘れなく。

 

 

無料メール講座(メルマガ)

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ネイルサロン開業・リニューアルをお考えの方へ

ネイルサロン開業プロデュース

コンセプトから集客まで、0から50万円売り上げる!マンツーマン「ネイルサロン開業プロデュース」

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例
申し込み・お問い合わせ

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]