ネイルサロンの看板には何を書く?お客様が続々ご来店する活用方法

| カテゴリー: ネイルサロン集客/販促

ネイルサロン看板フランス

ネイルサロンの看板、何をどう書いたらいいのか迷いませんか?

今日はネイルサロンの看板に何を書けばいいかをお話ししますね。

その看板、なに屋なの?

看板が活かせていない時によくあるケースがあります。あなたも同じような経験がありませんか?

先日、母と車を運転しているときのことです。

赤信号で止まった先の向こうに、1軒のおしゃれなお店がありました。大きな看板が出ています。

その看板を見て母は、「ケーキ屋さんが出来たのかな~~??」と言いました。

しかし、よくよくお店の中まで見たら、美容院でした。

なに屋かわからない看板。意外なことに、なに屋なのかが分からない看板がとても多いのです。もったいないことです。

看板を見てネイルサロンだと気づいてもらう!


ネイルサロン「アトリエ エルメル」さん 

看板を見てネイルサロンだと気づいてもらう、目を引くことが大事です。

看板は、意外なほど集客効果大です。地方の住宅地にある自宅サロンでは、小さな看板を出しただけで予約をしてくれる人が増えました。

そのためには、看板を発見してもらえること。目立つ場所に目立つように配置すること。

0.5秒で「あそこにネイルサロンがある」と気づいてもらえること。

これが看板の役割の最初の第一歩です。

看板をみて新規予約!自宅サロンでも看板は効果的

ネイルサロン看板の書き方

1、『「ネイル」と大きく書く』

ネイルサロンなのに「ケーキ屋さんかな?」と思われたら、もう二度と振り向いてもらえません。

有名なお店ならば看板に名前を書くだけでも効果的ですが、始めたばかりのサロンの名前など、まだ誰も知りません・・!看板には、店名よりも大きく「ネイル」の文字を入れましょう。

2、『「ネイルサロン」とカタカナで書く』

『日本人は英語で書かれた文字よりも、日本語の文字を認識する確立が高い』といわれます。

「Nailsalon」「ネイルサロン」

日本語のほうを見てしまいませんか?

「ネイルサロン」とカタカナで書くことで、ネイルサロンが有る!と気づいてもらえる確立が高くなります。

3、チラシを置く

看板を置くだけでは実は、もったいないんです。

必ず、看板にチラシを置いておきましょう。通りすがりの人が持ち帰って、チラシやブログをみて、予約を入れてくれます。

看板集客は正しく活用してもらえれば、住宅街のサロンでも意外と効果が高く、継続的に3人、5人と新規ご予約が入るようになります。

さらに、ご近所さんが来店するため、広告を見て来店する人よりもリピート率も高くなるので個人サロンならば必須の必須です。

看板集客、更なる1つのポイント!

『サロン内の写真を貼る』

初めてのお店に行くのは不安ではありませんか?

人はわからないことには不安が大きくなります。不安な気持ちを取り除くために効果的なのは、サロン内の写真です。

お客様は「お店に入ったときの自分」がイメージができることで、来店しようという気持ちになるのです。

キレイなサロンじゃないから、、と悩むことはありません。

椅子やソファなどお客さまが座る席だけでも開示と、人は安心感を得ることができます。自分がお客になった時の気持ちをイメージし、お客さま心理をくみ取りましょう。

以上4つを実践していただくだけでも「看板を見て知った」というお客さまは増えますよ!

看板におしゃれ感が欲しい・・という場合

単なるA看板、よくある看板は嫌という場合は、看板の色や素材からこだわります。

いずれにせよ「コンセプトに合う看板」が大事です。

お気軽にご相談くださいね。

ネイルサロン内装やサロンインテリアで知っておきたいの3つのポイント

 


 

TODOリストをお渡しするので開業知識0、お客さん0でも安心して開業できます。コンセプトから集客、スタッフ採用まで。私たちが提案する「ネイルサロン開業プロデュース」

ネイルマックス12月号「マニキュアリストのお金事情」6ページ担当

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
開業プロデュース
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

友だち追加

 

この記事をシェア