ネイルサロンに勤務しているネイリストの1日の流れ

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

勤務ネイリスト1日の流れ

川上笑子です。

ネイルスクールを卒業して、すぐに開業できるかな?

自分はネイリストではないので、ネイルサロンでネイリストがどんな仕事をしているのか知りたい。

このような相談もとても多いです。

そこで今日はネイルサロンの1日の流れと、施術人数についてお伝えしますね。

ネイルサロン勤務するネイリストの1日の流れ

1、出勤

ネイリストの一日の始まりです。シフト制のお店が多く、早番・遅番とわかれていることが多いです。

2、掃除

着替えを済ませ、掃除をします。

使用する備品の準備・補充、消毒、お茶の用意などをします。お客さまがご来店された時、気持ち良くお過ごしいただけるよう、日々努めます。

3、朝礼 

本日来店されるお客様の予約・カルテを確認して、お客様に失礼のないよう準備します。サロンの情報は全員で共有します。

4、開店・サロンワーク

お客様がご来店。お客様のご要望・ご相談をカウンセリングし、お手入れ・次回の予約取りを行います。

業務の合間はアートサンプルの作成、整理整頓、備品の補充なども行います。

売上の入力作業や商材の発注業務なども行います。

5、サロン閉店・終礼

全てのお客様をお見送りした後は、本日の振り返りやカルテ記入、レジ閉め作業を行います。終礼をし、明日の営業の準備を整えます。

6、退社

1日のお仕事が終了です。「おつかれさまでした!」

以上がネイルサロンに勤務するネイリストの大まかな1日の流れです。

1日に何人のお客さまの施術をするの?

サロン接客施術会話できない

ネイリストは1日に何人の施術をするのか?他の人は何人接客をしているのか?

意外と他の人のことは知らないですよね。

オーナーネイリストだけのプライベートサロン(個人ネイルサロン)と、席数の多い大型チェーンネイルサロンでは施術人数に違いがあります。

プライベートサロンの場合は、1日3名前後の施術をする人がいちばん多いです。

正確な統計ではありませんが、友人や、受講生のネイリストオーナーたちに聞いてみた所、こんな答えが返ってきました。

「日によるけれど1日3名は施術するかな」

「だいたい2〜3名、忙しいと4〜5名、暇な日だと1名だけという日もある」

という意見が最も多く、中には「お客さんひとりにつき1時間半、毎日5、6名は施術する」と言う人もいます。

自宅ネイルサロンやお子さんのいる場合は、「午前・午後1名づつ2名施術」という意見が最も多く、夜は予約を取らない方も多いようです。

席数の多い大型チェーンネイルサロンでは日4〜7名前後の施術をする人が多いです。店によって差は結構あります。

東京都心のチェーン型ネイルサロンに勤務しているネイリストに聞くと、「1日4〜5名は施術をするのが普通。繁忙期などで多いときは1日8名くらい施術をする」と言いますね。

 

・大体、最低4~最高8人ぐらいです。勤務時間は、8時間で、従業員は全員で15人です。

–yahoo知恵袋–

なぜ1日の施術人数に差がでるの?

なぜ1日の施術人数に差がでるのかというと、単価の違いです。

個人ネイルサロンは単価が高く、10,000円を超える場合もあります。1日3名の施術でも30,000円の売上です。

チェーン展開しているネイルサロンは単価が安いことが多く、5000円で6名施術ならば売上は30,000円です。

1日5人も施術するなんて大変そう・・と感じますが、シンプルなデザインを施術することが多く、人によっては「デザインをしなくていいから気楽」という人もいます。

ネイルデザインサンプル

ネイリストのあなたは1日何人施術しますか?

やりがいを感じるのはどんな働き方でしょうか?

一人一人のお客さまに時間をかけて丁寧に接客するのか。

時間のない方向けにシンプルネイルを提案するのか、サロンの方向性を決めて開業しましょう。

ビオネイルの開業プロデュースなら、開業知識0、お客さん0から最短で軌道に乗れます!

また、開業前にネイルサロンで働いてみたいけれど、ずっとは難しい。1日だけサロンや自宅サロンに勤務体験をすることも可能です!

ネイルケア研修東京セミナー

コンセプトから働き方までいっしょに考え、利益とやりがいを両立させる開業を提案します。

ネイルサロン開業プロデュース

 

 

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
募集中のセミナー・イベント
お客様の声・成功事例
川上笑子インスタグラム

友だち追加

 

この記事をシェア