スマホでできる!小規模ネイルサロンのクレジット決済

| カテゴリー: ネイルサロン運営実務

スマホ決済ネイルサロン

今日はスマホやタブレットでカード決済できる、小規模ネイルサロンのクレジットカード決済についてお話しますね。

小規模のネイルサロンにとってカード決済は費用も高く、手強い問題というのは、昔むかしの話し。

今は初期費用もなく、誰でも簡単に始めることができるクレジットカード決済が増えています。

昔はクレジットカード導入の初期費用に20万円程かかっていたのが嘘のようです。うらやましいなあ、なんて。

個人サロンにおすすめのカード決済4つ

ネイルサロンを開業するなら、クレジットカード決済が使えるように準備しましょう!

私のネイルサロンでは以前はコイニーを使っていましたが、が今ならクレジットカードもQRコード決済もSuicaも使える「AirPAY」がおすすめでしょうか。

スマホカード決済の使い方もカンタン!

スマホやタブレットでできるカード決済なら、使い方もかんたんです。

スマートフォンやi padのイヤホンジャックに、小さなカードリーダーを差し込むだけ。※Wifiネット環境が必要です。

初期費用も一切なく、決済手数料は3,24〜3,25%程度です。

AirPAY カード決済AirPAY

カード決済ができると売上が上がる

ネイルサロンや美容院に行く人で、「クレジットカード払いができることが重要」だと考えている人は、70%に及ぶそうです。

現金よりも心理的なハードルが下がり、お客様単価も上がる傾向があります。

手数料が引かれるのが嫌だなと思う方も多いですよね。そういう人は売り上げが伸びにくいです。

予約の機会を逃して売り上げ0円のままと、手数料はかかるけれど10,000円の売り上げになるのとどちらがいいか?

経営ではこのように考えます。世の中の流れはあっという間に変わり消費者の要望も変化します。手数料をケチって機会損失にならないようにすべきです。

また、「現金を忘れてしまった!」というお客様がいてもカード決済やQRコード決済ができることで運営面からしても安心なんですよね。

銀行やATMまで現金を下ろしに行かせるサロンがあったら私は面倒臭くて、よっぽどでなければ行かなくなるかなあ。

連携サービスも豊富

カード決済機能だけでなく、連携サービスも豊富です。

AirPAYならば、POSレジと連携し顧客管理、売上分析、会計ソフトとの連携、商品管理、複数店舗管理などを管理することが可能です。無料です。

また、会計ソフトの「MFクラウド」と連携することも可能です。

※MFクラウドには私も数年間お世話になっていました!

個人ネイルサロンでクレジットカード決済を導入した感想

レジクレジット決済

個人ネイルサロンで実際にクレジットカード決済を導入した感想も書いておきますね。

1つ目は現金を忘れたお客さまにスムーズに対応できること。

サロンのすぐ近くに銀行やコンビニATMがあればいいですが、現金を忘れたお客さまに銀行やコンビニまで往復してもらうなんて考えられません。

カード決済を導入する前は現金をおろしてきていただくのを待っている間に、次のお客様がきてバタバタ・・なんてことも実際にありました。運営にも支障が出てしまい、反省しています。

クレジットカード決済ができると、お客さまに手間を掛けさせることも減り、時間のロスも無くなるので運営がスムーズになります。

2つめは高額なメニューの売り逃がしがなくなること。

物販を何点か購入いただいたり、ハンドとフット両方のメニューをご予約いただくと会計が高額になります。

2〜3万円を超えるとカードを使うお客様が増えます。カード決済ができることで、高単価メニューやレッスン、スクールへのお申し込みにつながったと感じています。

ネイルサロンを開業するなら、カード決済は必須の準備です。

クレジットカード決済の対応ができるように準備しておきましょう!

コンセプトから集客まで、マンツーマンでサポート「ネイルサロン開業プロデュース」

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ