ネイルサロン開業に良い立地、悪い立地

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業立地

ネイルサロン開業にとって、立地条件はとても重要な項目の一つです。

良い立地を選べば、開業後の経営もスムーズになります。

編集部注*2015年4月23日に公開された記事を再編集したものです。

地域エリアごとの人の流れを掴む

駅周辺や繁華街など多くの人の流れがありますが、ライバル店も多く、家賃は高めです。

看板を見て来店する新規客や飛び込み客を多く見込めるため、目につきやすく、入りやすい店構えにすることが必要です。

ビジネス街やオフィスエリアの立地は、平日の人の流れはありますが、勤務時間中に来店してもらうことは難しいでしょう。

閉店時間を遅くするなどの工夫が必要です。

日曜日や祝日を定休日としても良いかもしれませんね。

地元の人に来てほしい場合、駅近でなくても構いませんし、住宅地の中にサロンがあってもよいでしょう。

車で移動することの多い地方都市であれば、「駐車場がある」ということは好条件になります。

立地さえ良ければ人は集まるは幻想

人通りがあり、どんなにいい立地にある店舗でもお客様の入っていないサロンもあります。

逆に、人通りもなく立地がいいとはいえないのにお客様でいっぱい、というようなサロンも実際にあります。

ネイルサロンはリピータービジネスです。1度ご来店くださった人がもう1度来店する、毎月通いたくなる。

そのような店作りをすることが大切です。立地さえ良ければお客様が集まるというわけではない、そこを理解しておくことが大切です。

看板を出せる物件かどうか


こちらの看板はクライアントさんのネイルサロンです。

看板が出せる物件かどうかは、重要な条件の一つです。

看板があれば、通りがかりの人にお店があることに気づいてもらえます。

看板が出せない場合は、広告費をかけてお客様を集めなければなりませんし、はじめて来店した人が道に迷いやすく電話対応などのコストがかかります。

顧客の方が数十人規模でいる技術者さん以外は「看板が出せない」物件はおすすめしません。

開業立地の失敗

実は、私はネイルサロン開業に1度失敗しています。最初は東京都内の自宅サロンという形で営業しており、お客様も増えてきたので移転開業しようと考えました。

その時に選んだ立地というのが、東京渋谷。駅から徒歩7、8分ほど歩く閑静な住宅地の中のマンションの1室。

私の失敗というのは、『これまで自宅サロンで営業していた立地と離れた場所を選んだ』こと。

自宅サロンの時は最寄駅徒歩3分ほどの好立地だったのに、『不便な立地に移転開業してしまったこと』です。そのまま自宅サロンの近くで移転開業すればよかったのですが、よく調べもしないまま見栄と物件のおしゃれな感じで決めてしまったのです。

物件自体はきれいでしたが、目印がなく、看板も出せず、「これじゃあどこに店があるか分からないよ」と言われてしまったことも・・

立地が全てではありませんが、立地は重要です。

その立地選定の失敗を反省し、2度目の開業では1ヶ月90名を超えるお客様が来店するネイルサロンになることができました。

その時の立地選定の大まかな条件がこちら。

  • 都心ではなく住宅街
  • 家賃が安い
  • 物件は古くても駅近
  • 看板が出せる物件

立地は「なんとなく」「自分の好み」だけで選んでしまうと、軌道修正がしずらいので、最初に条件を決めて選んでいきましょう。

 

 

コンセプトから集客までマンツーマンでサポート「開業プロデュース」

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア