ネイルサロンに通うメリットとは〜お客さまのニーズを知る〜

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロンを開業するなら、お客さまのニーズを知ることも大切です。

ニーズとは、「お客さまが必要としているもの・求めているもの・需要」という意味です。

そこで今日は、「お客さまがネイルサロンに求めているもの・通うメリット」とは何か?を考えたいと思います。

編集注*2015年7月30日に公開された記事を再編集したものです。

そもそも、ネイルサロンとは?

ネイルサロンとは「手足の爪についてのプロ=ネイリスト」が施術をしてくれる場所です。

ネイルサロンに行くと、プロネイリストによって、手足の爪を切ったり、お手入れをしたり、ジェルネイルをしたりすることができます。

手足の爪や肌をキレイに整えてもらうことができるのです。

ネイルサロン行く理由は?

ネイルアートやジェルネイルは無くても生きていけます。

その中で、人がお金と時間を割いて、ネイルサロンに行く理由やメリットは何でしょうか?

  • 自分でやるよりキレイにネイルが仕上がるから
  • ジェルネイルをやっていると爪が丈夫だから
  • 二枚爪や割れた爪がないと家事が楽だから
  • 身だしなみとして
  • 結婚式など大切なイベントがあるから
  • 深爪や巻き爪で、そのままだと生活に支障をきたすから

などが、例として挙げられるでしょう。

結婚式のためや、結婚式や二次会に出席するからはじめてネイルサロンを予約したという人は多いです。

巻き爪や痛みを解消したい、というニーズは女性だけでなく、男性にもあります。

ネイルサロンに行くメリットは?

爪を切る、爪に色をぬる、それだけなら誰でもできます。

そんな中で「ネイルサロンに行くメリット」とは何でしょうか?

  • プロに手や足を美しく整えてもらえる
  • 旬のネイルアートやジェルネイルができる
  • センス良く仕上げてもらえる
  • 深爪や巻き爪の悩みが解消される

などの点が挙げられます。

「ネイルアートがしたいから」というだけよりも、身だしなみのため、気分転換やリフレッシュを兼ねてネイルサロンへ行く人も多いでしょう。

月1回のご褒美、癒しの時間として通う方もいますよね。

お客さまによって「ネイルサロンに求めているもの」は違う

お客さまによって「ネイルサロンに求めているもの」は違います。

流行りのデザインを求めている人もいれば、深爪をどうにかしたい人、巻き爪を解消したい人もいます。

楽しくお話ししたいという人もいれば、静かにリラックスしていたいという人もいます。

短時間ですばやく仕上げて欲しい人もいれば、時間がかかってもいいから細部まで丁寧に仕上げて欲しい人もいます。

ネイルサロンを開業するなら、『お客さまはネイルサロンに何を求めているのか』を知りましょう。

そして、自分がどんなニーズになら自信をもって応えられるか考えましょう。

皆んなが皆んな流行りのアートをウリにする必要はありません。

フットケアの需要はありますし、スカルプチュアができると予約が入りやすくなります。最新の美容情報が聞けることもメリットです。

得意な技術や持ち味を「うちは〇〇が得意です!」とはっきり打ち出しましょう。

それが、「他のサロンではなく、あなたのネイルサロンに通うメリット」になります。


 

コンセプトから集客まで、0から50万円売り上げる!マンツーマン「ネイルサロン開業プロデュース」

メルマガ無料バナー
ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
募集中のサービス・セミナー
サービス一覧
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ