10年後にネイリストが消える?!そう言われる理由と私が思うこと

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

10年後消えるネイリスト

川上笑子です。10年後にネイリストが消える?!

そんなまさかと思いますが、今日は「10年後にネイリストが消える職業」と言われる理由を検証していきます。

あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」

そもそも「消える職業」として話題になったのは、オックフォード大学の准教授が書いた論文がきっかけですよね。

『雇用の未来ーコンピューター化によって仕事は失われるのか』

その論文の中で下記のリストにあげた職業は、特になくなる可能性の高い仕事であり、コンピュータに変わられる確率90%だといっています。

ネイリストがランクインしています。

  • 銀行の融資係
  • スポーツの審判
  • レストランの案内係
  • 動物のブリーダー
  • 電話オペレーター
  • レジ係
  • ネイリスト
  • 集金人
  • パラリーガール、弁護士助手
  • ホテルの受付係
  • 時計修理工
  • データ入力作業員
  • 簿記、会計、監査の事務員

ネイリストという職業はなくなるのか?

ネイリストが消える

10年後、ネイリストという職業はなくなると思いますか?

オートネイルの登場により、ネイルアートの自動化がより進むことは考えられますよね。

ネイリストの手作業で行っていたことを、機械化することができます。デザインやネイルアートが短時間で、安く、できるようになります。

1時間かかっていたものが30分になるどころではなく、1分でできるようになるくらいの劇的な短縮率となるでしょう。

今ですら、流行のデザインはすぐにマネをされ、独自性はなくなっています。

ジェルネイルのデザインやアート技術だけでは、今後生き残ることは難しいでしょう。

マシンではできない自分だけの何かを、今のうちから磨いておきましょう。

ネイリストが「消えない職業」になるためには

ネイリストという職業がまったくの0になることはないと私は考えています。

今やネイリストのライバルは、ヨソの店よりネイルアートマシーンやAIです。

しかし、ネイリストは本来爪にアートを描く人ではなく、サービス業です。

サービス業は、人と人のコミュニケーションを必要とする業種のため、なくならないと言われています。

ネイルアートの技術は機械化されて需要が減ったとしても、「この人にやってほしい」「この人に会いたい」といわれるネイリストならば、仕事はなくならないでしょう。

そして、「この人(店)にしかできない」サービスを革新し続けること。

そういう価値を提供できるネイリストは、今後10年といわず、どんな時代が来てもやっていけるでしょう。

これは全ての職業の人に共通することではないでしょうか。

まとめ

「ネイリストは誰でもなれる職業」というのが、今の世間からの評価です。

2000年からネイル業界にいる私からみても、今のネイル業界に危機感を感じているのは確か。

安易な自宅サロン開業が増え続ければ、価格破壊や業界全体が衰退していく可能性はさらに高まります。

私自身も知識不足で1度挫折したからこそ、開業する方に向けて知識や心構え伝えています。

流行りの技術やアートだけではなく、お客様の心を掴むプロである。

ネイリストにしか出来ないこと、あなたしか出来ないことを革新し続ける。

10年後も消えてなくならないためには、自分だからこそできることを追求し、「あの人にお願いしたい」と言われ続けることではないでしょうか。

今日もがんばりましょう!

参考:オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」702業種を徹底調査してわかった

無料メール講座(メルマガ)

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ネイルサロン開業プロデュースネイルサロン開業プロデュース

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ