自宅サロン・個人サロンのお会計方法、伝票の書き方

| カテゴリー: メニュー・価格設定

エミさん
エミさん
こんにちは、川上笑子(@bionailemi)です

自宅サロンや個人サロンのお会計・・

「今日は〇〇円です」と口頭でお伝えするのみ。

なんていう、ザックリしたお会計をしていませんか?

これではお客さまからの信頼を損ね、片手間でやっているような印象を与えかねません。

口頭だけで済ませず、お会計伝票を必ず使いましょう!

お会計伝票とは、これです。

お会計伝票請求書手書き

(写真は実際に私自身がつかっていた複写式のものです。使用感たっぷり・・)

複写式伝票とは、1枚目に記入すると、2枚目以降の用紙に複写される伝票です。

複写式伝票を使ったお会計方法:

①伝票に日付、利用したメニュー、金額を記入します。

②1枚目の用紙をお客さまに見せます。金額の確認をします。

③金額に間違いがなければ、料金をいただきます。

④お釣りと、伝票をお渡しします。

お会計伝票(複写式)を購入

※カードが使える方が確実に売り上げは伸びますよ。エアペイおすすめ。

▶︎AirPAY カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス

「領収書をください」と言われたら

お客さまから「領収書をください」と言われることもあるでしょう。

欲しいと言われたら、お渡しする義務があります。領収書をお渡ししましょう。

領収書の発行と開業届を出しているかどうかは関係ありません。

金額、日付、施術者の住所と氏名を記入し、印鑑を押しましょう。

開業し、お客さまを呼ぶなら、領収書の準備は予めしておきましょう!

領収書や印鑑は100円ショップで簡単に購入できますよ。

▶︎個人ネイルサロンの領収書の書き方・発行について

開業知識0、お客さん0から軌道にのる!

東京〜大阪全国300名以上の成功をサポート!

開業支援〜物件・採用・ブランディング・集客までトータルパッケージ
ネイルサロン開業プロデュース

 

 

ネイルマックス4月号「マニキュアリストに必要な”センス”とは?」に掲載されました。

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

プロフィール
サービス一覧
お客様の声・成功事例

友だち追加

 

この記事をシェア