個人ネイルサロン開業を成功させる3つの心構え

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業心構え

こんにちは、川上笑子(@bionailemi)です。

個人ネイルサロン開業を成功させるには3つの心構えがあります。

1、サロンオーナーであることを自覚する

ネイルサロン開業を決め、これからあなたは、サロンオーナーになります。

今までは、ネイルサロンに勤務するネイリストだった方が多いと思いますが、これからはオーナーになるのです。

「ネイルサロンオーナーであることを自覚する」

仕事の全責任はあなた。主体的に考え、オーナーとして行動する。この心構えが最も大切です。

2、人の力を借りることも経営

ネイルサロン心構えスタッフひとり

人の力を借りることも経営です。開業したからといって、一人で全てを行う必要はありません。

サロンに勤務していた今までは、自分の他にもスタッフがいて業務を分担していましたよね。

しかしこれから先は、一人で多くの業務を行うことになります。

  • 接客
  • 会計
  • 電話対応
  • 予約対応
  • 掃除
  • ブログの更新
  • 宣伝広告
  • 確定申告

これらのネイルサロン業務を全て一人で行うことになります。全てを一人で背負い、がんばりすぎると、メンタル面から疲れてしまうこともあるでしょう。

1人で出来ることは意外と限られています。そんなときは人の力を借りましょう。

サロン開業や経営に関することならば、コンサルティングを利用し、サービスや収益の構築、問題解決に役立てることもあります。

ひとりではないと感じれるサポート役がいることも、長くネイルサロンを続けるためにも必要かもしれません。

小さなシステム化で大きな成果を

人やITの力を借りて効率的にする「小さなシステム化」が、個人ネイルサロン開業の成功の鍵となります。

予約対応には「ネット予約システム」を取り入れることをおすすめしています。

無料で使える!「ネット予約システム4選 」ネイルやマツエクサロンにもぴったり!

自動でできる所はお金をかけてもシステム化し、自分の労力を最小限にします。

その分、お客様対応(接客)に力を入れることができます。

掃除だって人の力を借りれる

掃除道具タオル

掃除も必ずしも自分でやる必要はありません。リクエストに対応してくれるサポートサービスがたくさんあります。

私の場合は、タオルの洗濯は専門業者に依頼していました。1回2000円ほど、60枚程度のタオルを洗濯してもらえます。

私たちは専用のバッグに詰めるだけ。電話一本で回収に来てもらえて、2〜3日後にはきれいに畳んだ状態でお届けしてくれます。

手間と時間が大幅に削減されて、これも人の力を借りる「小さなシステム化」のひとつです。

マンションを借りてネイルサロンを開業するなら、洗濯機や乾燥機を購入する必要もなく、開業コストを抑えることもできます。

自宅サロンは苦手という人で「自宅サロンは家族のパンツと一緒にタオルを洗濯してそうでいや」というご意見がありました。洗濯方法も意識しましょう。

3、ビジネスの金銭感覚をもつ

3つめの心構えは、「ビジネスとしての金銭感覚をもつ」ことです。

お金の動かし方ともいえますね。

スタッフとして働いているときは、サロンのお金の流れなどを考える機会はなかったかもしれません。

しかし開業してからは、「何にどれくらいのお金を使うか」をあなたが考え、実行していきます。

投資と呼ぶこともありますね。開業費には大きなお金がかかりますが、大きなお金を動かすという自覚も必要です。

開業費のページでは、どういったことにお金がかかるか説明していますので、目を通してみてくださいね。

お金の流れを把み、何にいくら使うか、サロンのお金の全体図を把握することもオーナーとしての役目といえます。

まとめ

個人ネイルサロン開業を成功させる3つの心構え

1、「私はサロンオーナーである」ことを自覚する

2、人の力を借りることも経営だと知る

3、お金の流れを掴むこと

ネイリストからオーナーになるということは、全責任を自分が取る立場になり、人の力を借り、節約するだけでないお金の使い方を覚えていくことです。

 ▶︎ネイリストとネイルサロンオーナーの違い

 

 

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
開業プロデュース
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

この記事をシェア



ページの先頭へ