パラジェル、バイオジェル、カルジェルの違いってなに?

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ジェルネイルは多くの人に認知されるようになり、把握しきれないほど多くのメーカーから様々なジェルが出てきています!

その中でも認知度が高いのが『パラジェル』『バイオジェル』『カルジェル』です。

一体なにが違うのか?ネイルサロンを開業するならどのメーカーを使ったらいいのか?

それぞれの特徴をみていきましょう!

パラジェル、バイオジェル、カルジェルは何がちがうの?

パラジェル、バイオジェル、カルジェル、この3つの違いは何か?

ひと言でいうと、メーカーの違いです。

化粧品なら、シャネルやディオール、資生堂とあるように、ジェルネイルにもメーカーがあります。そしてそのメーカーごとに特徴があります。

ジェルネイルメーカーではこの3つが有名ですが、他にもたくさんのメーカーが存在しています。

パラジェルの特徴

パラジェルの特徴

  • つめを傷つけない
  • 発色がいい
  • オフがしづらい
  • 値段が高い

パラジェルはこんな人におすすめ

  • つめを削りたくない
  • 値段が多少高くてもこだわりたい

バイオジェルやカルジェルよりも後発メーカーですが、ネイリスト以外にも認知度は高く人気があります。ブランディングも上手です。

カルジェルの特徴

カルジェルの特徴

ジェルオフ(ジェルリムーブ)が簡単でスピーディー。オフによるダメージがありません。サンディング・プライマー不要で自爪に優しい施術システムです。

  • 爪への負担が少ない
  • オフが簡単(ジェルネイルを外す際ポロっと取れるので、爪も痛みにくい)
  • 人によってはジェルネイルが浮くこともある
  • 値段が高い

カルジェルはこんな人におすすめ

  • 爪を傷ませたくない!
  • ジェルネイルを取る際に爪を痛ませたくない

カルジェルは日本でいちばんの老舗メーカーです。ジェルネイルの登場=カルジェルの登場でした。

バイオジェルの特徴

バイオジェルの特徴

定着性に優れ、持ちがいい。サンディング(自爪の表面を曇らせる)は必須ですが、他のジェルネイルだと浮きやすい人でも長持ちすることが多い。

  • ジェルネイルの持ちがよい
  • 肌になじむベージュ系の色味がキレイ
  • 値段が高い

バイオジェルはこんな人におすすめ

  • カルジェルだと浮いてきてしまう
  • 爪の表面を多少傷つけてもジェルネイルの持ちを優先したい

個人的にバイオジェルの色味は上品で好きです。肌に馴染むベージュやグレージュの色味、細かいラメの粒子が特に上品だなあと感じています。

まとめ

パラジェル、バイオジェル、カルジェルは、ジェルネイルのオフのしやすさにも違いがあります。

いちばんオフしやすいのはカルジェル、パラジェルはオフしづらいですがフィルインが出来ます。

ジェルネイルはメーカーごとにそれぞれ違いがあります。

カラージェルの値段も1つ300円程度のものから1500円以上するものまでピンキリです。

開業する際はコンセプトや予算を踏まえ、何を使用するか決めましょう。商材の選定もご相談くださいね!

 

 

 

 

TODOリストをお渡しするので開業知識0、お客さん0でも安心して開業できます。オープン月から100名来店、すでに土曜日は満席に!など報告続々。

コンセプトから集客、スタッフ採用まで。

私たちが提案する「ネイルサロン開業プロデュース」

メルマガ無料バナー ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
募集中のセミナー
お客様の声・成功事例
川上笑子インスタグラム

友だち追加

 

この記事をシェア