Q:ネイルサロンの物件探しにアドバイスをください!

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

川上笑子(@bionailemi)です。今日は実際にあった開業相談の事例を紹介します。

開業を決めると次に悩むのが物件ですよね。立地は開業成功のカギです。

場所はどこがいいのか?どんな物件がいいのか?相場の家賃はどれくらいなのか?

ビオネイルでは物件や立地の相談も可能です。科学的根拠とネイル業界18年の肌感覚を融合した分析で、たくさんのネイルサロンをオープンから繁盛店に導いています。

では実際にあったご相談の一部を紹介します。

開業相談内容:

ネイルサロンの新規起業に向けて、今物件探ししている最中です。

①場所はとても良いファッションビル内のテナント 坪単価16000円

②中心から2区画離れた雑居ビル4階 坪単価8000円

いずれも13坪くらいです。どちらが良いのでしょうか?物件さがしのアドバイスをおねがいします。

コンサルティング内容(一部を抜粋):

物件探しはひと言で「こちらが良い!」と判断できるものではないのですが、何をもって「良い」とするかで判断基準が全く異なります。以下参考にしてください。

①ついて。

・ファッションビル自体に集客力があれば販促費用が少なくなる。ビル自体の販促ツール等確認。同じビル内の美容院やマッサージ店の客入りを確認。

・スタッフ数の確保、採用が肝。

ネイルサロンの全国平均単価は5,556円。平均より高い単価、腕のよいスタッフの確保が必須。

②はネイルサロン開業で多くある出店形式。

・雑居ビルでの出店は広告費が必須。→広告費用の検討。エリア内にライバルは何件あるか?

・看板が出せるかを確認→看板が出せない物件は集客費用が増す事になる。

ビオネイルがオススメする初めての開業に適した物件

・看板が出せる(これは絶対!どこにどの位の大きさの看板が出せるかも事前にチェック)

・迷わず来店できる、わかりやすい立地

・内装に必要以上のお金がかからない

・席数が3~4席とれる10〜20坪位の広さ

ネイルサロン家賃は売上の10〜20%

いずれにせよ、ネイルサロンの家賃は10〜20%以内が目安です。

家賃20円なら売上200万円目指せる店作りをすること。開業前にスタッフ人数や採算をしっかり計算することです。

ひとりで開業、月売り上げ60〜80万円をめざすネイルサロンなら、家賃は月6万円〜12万円以内に収めましょう。

東京23区内で家賃6万円は厳しいかもしれませんが都心から離れる立地、または住居兼サロンで12万円程の物件を探してみてもよいかもしれません。

立地物件のより具体的なご相談はマンツーマンで開業をサポートする「ネイルサロン開業プロデュースへどうぞ。初回相談を実施しております。まずはこちらをお申し込みください。

 

 

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例
川上笑子インスタグラム

友だち追加

この記事をシェア