ネイルサロンの次回予約は、どうやっていただく?

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣

ネイル次回予約

(編集部注*2015年6月30日に公開された記事を再編集したものです。)

 

こんにちは、川上笑子です。先日、第2回目のお茶会にて、たくさんのご質問をいただきました。

http://ameblo.jp/bionail-jiyugaoka/entry-12043139734.html

この他にも、盛り上がったご質問がありましたので、一部をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Q&A 3つのご質問

●●

質問1:

スタンプカードはあったほうがいいですか?

答え:

あったほうが良いです。大きさは、お財布に入る名刺サイズが基本ですね。

▶︎

●●

質問2:

コンサルの人で、プライベートな記事は出した方がいいという人と、出さない!という人がいますが、どちらがいいのでしょう?

答え:

そもそもプライベートの記事の定義はなんでしょうか?

一般ネイリストには、私服のコーディネートや、これ買いました、うちの子供達、みたいな記事は必要ありません。

ただ、プライベートサロンならば、「人柄」を伝える記事はあったほうがいいと思います。

例えば、このような記事です。

・サロンの近くにあるおすすめのお店(お役立ち、かつお客様との共通話題になる)

・お客様に紹介してもらったスポットになど(お客様とのコミニュケーション)

・スタッフとごはんに行きました(仲が良さそうで好印象)

●●

質問3:

次回予約ってどうやってもらえばいいですか?

答え:

あなたが次回予約のメリットを100%自覚し、お客さんがキレイを保てる周期の提案をするだけで、次回予約はもらえます。

施術後にいきなり、「次回予約しますか?」と声を掛けるのはNG。お客さんは、突然のことに引いてしまいます。

ネイリスト側としても、いきなり聞くのは気が引けますよね。

そこで提案するのです。例えばジェルネイルは、通常3〜4週間の持ちですが、お客様の爪の長さや状態によっても変わってきますよね。

そこで私ならこう言います。

「○○さんの場合、△△なので、3週間後にジェルネイルのお直しをされるとキレイなまま保てますよ」

カレンダーを見ながら、お客様ひとりひとりに合うお直しサイクルをお伝えするのです。その上で、「当店には次回予約というシステムがありますよー」と伝えます。

予約を入れてくださいね、ではなく、ただサービスの説明するだけです。(ここポイント)

最後に、「次回の予約をしていきますか?」と、お尋ねします。お店や担当者が気に入ってくれている場合は、次回予約を入れていくことが多くなります。

お話が苦手な方は、チラシをつくっておいて、会計している間に読んでもらうとか工夫しましょう。

それでも不慣れで言いだせない場合は「次回予約をもらおう!」とは意気込まず、『お客様のネイルが常にキレイに保てるお直し時期を提案する』と考えましょう。

これだけでも、次回予約を入れる方が増えていきますよ。

 

 

無料メール講座(メルマガ)

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ネイルサロン開業・リニューアルをお考えの方へ

ネイルサロン開業プロデュース

コンセプトから集客まで、0から50万円売り上げる!マンツーマン「ネイルサロン開業プロデュース」

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例
申し込み・お問い合わせ

この記事をシェア

[social4i size="large" align="float-left"]