【価格差3倍!】2つのまつげサロンの見せ方の違いとは

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣

まつげサロン違い単価

川上笑子です。今日は、「制服を変えるだけで売上倍増!見せ方戦略セミナー」でした。楽しかったですね!

講師であるイメージコンサルタントの島田あゆみさん、皆さま、おつかれさまでした。

セミナーの冒頭でお伝えしているのですが、しばらくセミナーは行わないため、本日ここだけでサロンの「見せ方戦略」ってなんぞや?という事をお伝えします。

編集注*2018年1月26日に公開された記事を再編集したものです。

ネイルサロン経営セミナー写真

価格差3倍!2つのまつげサロン

私には、行きつけの「まつげパーマやさん」が2つあります。どちらも上手です。

しかし、この2つのお店には、大きな違いがありました。

A店は、当日でも電話をすればだいたい入れました。

B店は、前もって予約しないと入れず、いつも満席でした。

それだけではありません。

この2つのお店の価格は、約「3倍」違いました。

片方は1回2500円で、片方は1回7000円。

どちらも所要時間は60分、両目のまつげパーマです。

さて、どちらの店が満席サロンだと思いますか?

そうです!

7000円のお店です。

施術内容はほとんど同じなのに、なぜここまで料金が違うのか?

見せ方が全く違っていたんです。

見せ方の違いとは

施術内容はほとんど同じ。では、なぜここまで価格に差がつくのでしょうか。見せ方の違いとは何でしょうか。

それぞれのまつげサロンを見ていきましょう。

A店・・60分2500円

個室ではなく、川の字にズラーっと簡易ベットが置かれ、丸見えの状態で施術。

お店のスタッフは、ユニクロのカットソーのようなTシャツ姿に、それぞれが異なるエプロン姿。時々奥のスタッフルームからいい匂いがしていて、お昼ご飯を作っていたようでした。

店舗なのに、まるで実家に来たかのような雑多な雰囲気でした。

B店・・60分7000円

7000円のお店はカーテンで区切られた個室です。スタッフは、皆さんお揃いの黒いワンピースの制服を着て、出迎えてくれます。

店内はアロマのいい香りがして、お釣りはいつも新札です。

おしゃれして行きたい!まつげをキレイに保ちたい。と思わせる魅力がありました。

ここで重要なのは、私はまつげのプロではありません。

どちらの店も、文句なしに上手だと思っています。一定のレベル以上なら、こまかい技術の差はわからないです。

でも、同じ時間で、料金は3倍の差がある。

見せ方次第で、単価は変わる。

見せ方次第で売上は倍増する。これを見せ方戦略と呼んでいます。

客単価1万円ネイルサロンになるために、何をしたのか?

同じように見せ方戦略を取り入れて、70名満席になっているクライアントは何をしたのか?

見せ方戦略って何だ?

見せ方戦略を使って、あなたは何をしたら良いのか?

というのが、本日の見せ方戦略セミナーの内容でした。

「サロンを実際に見にきてほしい!」「一緒に制服を選んでほしい」

「自分の見せ方がわからない。どうすれば?」

と受講者さんに言われたのをきっかけに、パーソナル見せ方戦略も行なっています。

具体的な制服の提案やメイクレッスンをご希望の場合は、ビオネイルの講師陣が直接サポートいたします。

【こちらの記事もよく読まれています】

▶︎ネイルサロン内装やサロンインテリアの3つのポイント

▶︎特上メニューを取り入れるだけで売上倍増!

▶︎ブログに顔を出したくないんですという人へ

▶︎指名の多いネイリストは「◯◯力」が必ずある!

▶︎【受講生の声】1月スタートの新企画24000円と32400円に現時点で7名ご予約

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ネイルサロン開業・リニューアルをお考えの方へ

ネイルサロン開業プロデュース

コンセプトから集客まで、0から50万円売り上げる!マンツーマン「ネイルサロン開業プロデュース」

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

この記事をシェア



ページの先頭へ