ネイルサロン開業予算の使い方!お金をかけるべき点と、かけない点

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

ネイルサロン開業お金

川上笑子です。ネイルサロンのお店を開業しよう!と決めたら、開業に向けて色々と購入したり、必要なものが出てきますよね。

しかし、全てにお金を掛けていたらどれだけ予算があっても足りなくなってしまいます。逆に全てを節約すると、庶民的すぎてしまうこともあります。

「開業は予算をかけるところと、かけないところのメリハリが必要」です。

そこで今日は、私が2度の開業を経験して思う「ネイルサロン開業でお金かけた点とかけなくてもよかった点」をお伝えしますね。

ネイルサロン開業の際、お金をかけて投資してもいいもの

・お客様が座るイス

・カメラやスマートフォン

・スリッパやトイレのタオルなどお客様が触れるアイテム

お金をかけてもいいものは、イスです。

ネイルサロンは施術時間が長いですよね。お客さまが長時間座るイスやソファには予算を割いてもよいでしょう。

ゆったり寛げる、長時間座っていても疲れないという付加価値にもなります。お客様の満足度もアップします。

ベトナムネイルサロン

カメラは画質がよく、新しいものを使いましょう。

「携帯の調子が悪くて、キレイな写真が撮れない」では、チャンスを逃していることと同じ。

インスタグラムにアップする時やブログに写真をアップする時、写真のクオリティは超重要です。

スリッパは常に清潔なものを用意しましょう。汚れがつくと生活感がでやすいため、半年に1度こまめに買い換えましょう。

トイレは生活感がでやすい空間です。自宅サロンの場合、家族で使い回しているタオルをサロン用にするのは絶対にNG。上質なものを使いましょう。

お客様が触れるアイテムは一つ一つに予算をかけませんが、常に清潔で、気持ちのいい状態を保つように買い替えの予算をとっておきます。

お金をかけなくていいこと・後からでOKなこと

・お店で使うパソコンやプリンター

・ブログのカスタム費用

・キレイで豪華なホームページ作成

お店で使うパソコンやプリンター。これらは使用頻度は多いですが、1円のお金も生み出しません。消耗品は1円でも安く購入しましょう。

※ただし、電子機器は壊れやすい為、中古品の購入はおすすめしません。

※ちなみに私自身は10年以上アップルのパソコン、Macユーザーです。より安価なパソコンは幾らでもありますが、そこは惜しみません。使っていて心地いいものをそばに置いておきたいからです。自己満足の消費と心得て使っています。

キレイで豪華なホームページも最初からは必要がありません!!

ネイルサロン開業時にいきなり30万、50万円といった金額はかけすぎです。後から修正することが難しく、メニュー変更があった場合など余計に手間とお金がかかってしまいます。

実際作ってみると失敗した人の方が多いのでは?!と思うくらいお困りのかたが多いです。

何も考えずに業者に頼んだら、写真を1つ更新するのでもお金がかかる、更新してくれない、やりとりが面倒で放置になっている(古い情報を見せたくないがどうしていいかわからない)、などなどのお悩みを実際に聞いてきました。

ホームページにお金をかけても集客には直結しません。コンセプトやイメージをしっかりと決めてからで間に合います。

パソコンが苦手でも簡単・無料で作れるホームページ比較

開業時にお金をかけるべき点と、かけない点まとめ

「豪華なネイルサロンはすぐつぶれる」といわれますが、こう言われる理由はあきらかです。

開業時に予算をかけすぎて、運転資金が尽きてしまうからです。

ネイルサロン開業をするなら、内装やインテリアなどお金を生み出さないものに費用をかけすぎず、3ヶ月間赤字でもやっていけるくらいの運転資金を準備しておきましょう。

開業予算をどう使えば効果的なのか?

どのくらいの予算を準備すればいいのか?

お困りの時はいつでもご相談くださいね。

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ネイルサロン開業・リニューアルをお考えの方へ

ネイルサロン開業プロデュース

コンセプトから価格設定、集客まで!開業&リニューアルを二人三脚でサポートする「ネイルサロン開業プロデュース」

プロフィール
サービス内容
セミナー・イベント情報
100名以上のお客様の声や成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ