年代ターゲットは通用しない! 〇〇○で絞る

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

自分たちのお客さまは誰か?を設定する時に、年代ではなく、価値観で絞ろう!という話です。


こんにちは、川上笑子です。

“30代からの大人のためのサロン”と打ち出して2度目の開業をスタートしたのは2011年。

もう10年以上前です・・

当時はターゲットを絞ること自体、誰もやっていなかったので、目を惹いて沢山の予約がきました。

しかし今は・・

年代を絞った打ち出しをしても通用しません・・!!

(歴史は繰り返すのでまた流行る時は来るかも)

年代で絞っても通用しない理由

昔なら、F2層と呼ばれる35歳女性は結婚して子供がいて..という一般的なライフスタイルというものが存在していました。

今はDINKSなど多様な生活スタイルや考え方があり、価値観は様々。

20代はこうだよね、50代だからこうだよねと

年齢に当てはめて考えても意味がないのです。

じゃあどうするのか?

今は、年代ではなく

『価値観』でターゲットを絞ります!

『価値観』でターゲットを絞るとは?

なぜネイルサロンに行くのか?の理由です。

○細部まで丁寧にケアしたい

○隙間時間でささっと行きたい

○リラックスタイム

○ニュアンスネイルが好き

など、なぜ行くのか様々な理由がありますね。

『私たちはどんな価値観を持つお客様とお付き合いをしていくのか』

これを表明することを、価値観でターゲットを絞ると表現しています。

※地域や席数、競合、オーナーの意向や提供したいものによって、絞り方は異なります

私たちのやり方・考え方

このパターンで作ればOK、というノウハウは無くなりました。

そのため、私たちは「オーナーインタビュー」から始めます。

最初は好き勝手話してもらいます。笑

話の中からキーワードを拾い、マーケティングリサーチを行い、その上でターゲットとコンセプトを決めていきます。

価値観でターゲットを絞り、年代やニーズに合わせたメニューを作る。

だから、予約がどんどん来ています。

ターゲットは”価値観”で絞る

これから開業する方、リニューアルをお考えの方

ぜひこの絞り方でトライしてください!


開業は、楽しく、真剣に。

眉間にシワ寄せて考えるよりも

ワクワクから生まれるエネルギーを大切に。

@emiko_kawakami 

☑︎理想を形にしたい

☑︎他より単価が高くても予約が入る店にしたい

☑︎経営の中身もしっかり固めたい

想いのある方、今すぐ一緒に最高のサロンを作りましょう!

知識0、経験0から軌道にのる
>>ネイルサロン開業プロデュース

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

 

この記事をシェア