ジェルネイル180分はリピートされにくい

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣

ネイルサロン新規予約はあるけれど、リピートされないとしたら、ジェルネイルに時間がかかりすぎているのが原因かも?

今日はジェルネイルの所用時間についてお話しします。

ジェルネイル180分はリピートされにくい

「ネイルサロンに行くと他の予定が入れれない」

「落とすのにも時間がかかる」「スマホや本を見ることができなくてヒマ」

「1時間で終わってくれたら助かる!」

このようにおっしゃるお客さまはとても多いです。

皆さんなにかと忙しいです。時短はありがたいのです。

ネイルサロン開業に成功するなら、ジェルネイルの所用時間は1時間から2時間半。

1色塗りなら60分(1時間)

フレンチネイルは60〜90分(1時間〜1時間半)

手の込んだデザインでなければ、アート込みのジェルネイルでも120分(2時間)、ジェルネイルのオフを入れても150分(2時間半)で終わらせられる技術力がないと、今は難しいと思います。

これは他の業種で例えるとわかると思うのですが、美容室に行ってシャンプーとカットで3時間かかると言われたらどうですか?

凝ったアートが大好きなお客さま以外は、ジェルネイル180分(3時間)かかると、繰り返し来てもらうのはむずかしいと思ったほうがいいと思います。

ジェルネイル施術時間の目安

独立開業してうまくいくためのジェルネイル施術時間の目安はこちらです。

  • ワンカラー・・60分
  • グラデーション・・85分
  • フレンチ・・85分
  • アート込み・・85〜120分

ジェルネイル検定の合格ラインです。

ジェルネイル技能検定・初級試験では、30分で片手ジェルカラーリング+アート1本です。

60分で両手ジェルカラーリング+アート2本ができるレベルということです。

ジェルネイル技能検定・中級試験では85分で、10本仕上げです。

ジェルオフ:5本、ジェル・グラデーション:4本、ジェルイクステンション:1本(クリアスカルプチュア)、ジェル・フレンチカラーリング:5本。

時間短縮はお客さま・サロン双方にメリット

時間短縮はお客さまにとっても、サロンにとってもメリット。

忙しいお客さまたちは、手早く仕上げてもらえたら助かります。

サロンは、もう一人お客さまを増やすことができるでしょう。

とはいえ、雑な仕上げで回転数をあげろと言っているのではありません。

「丁寧なこと=時間がかかる」はイコールでもありません。

お客さまにとっても、サロンにとってもwin-winになるメニュー作りをしましょう。

ビオネイルにお任せください。まずは初回相談にお越しください。

メルマガ無料バナー

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ネイルサロン開業・リニューアルをお考えの方へ

ネイルサロン開業プロデュース

コンセプトから集客まで!マンツーマン「ネイルサロン開業プロデュース」

ビオネイルについて
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ