私のネイルサロン開業失敗例と具体的な改善例

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣

川上笑子(@bionailemi)です。

私は今でこそ、「ネイルサロンの経営セミナー」やネイルスクールでの経営授業を行っておりますが、28歳のときの初めてのネイルサロン開業は失敗しました。

あっけなく1年半で閉店させてしまいました。

その失敗と挫折の経験は、当時は非常に辛かったですが、今となっては『その時があったから今がある』と思います。

そこで今日は、よく聞かれる、1度目の失敗をどう改善したのか?1度目と2度目はどう違うのか?を書いてみますね。

編集注*2016年9月21日に公開された記事を再編集したものです。

【失敗→改善点】

・駅から遠い、わかりづらい場所 → 古くても駅近。目印があるとよい

・看板が出せないマンション → 看板が出せる物件を選ぶ

・お客さまを集める方法を知らない→集客を勉強

・目標があいまい → 数字で目標を立てる

・ブログが日記 → 必要なことを書く

ネイルサロンのブログ集客成功!7つの超必須記事

・接客中は自分のしたい話をする → 接客はマーケティング

・HPが英語満載 → 誰のためにHPがあるのか?わかりやすく

・開業準備はイスやテーブルなどを準備することだと思っている→オープンからお客さまを集めるために開業準備をする

まだまだ沢山ありますが、、思い出したら追記していきますね。

自分の経験から思うのは、失敗はしていいってこと。

失敗しないことが良いのではなく、失敗をどう次に生かすか。

ここが大切。

もう一つ大切なのは、同じ失敗を2度しないこと、でしょうか。

私の失敗を反面教師にし、あなたの開業を成功させてくださいね!

ではでは、失敗→改善についてはこの辺りで。

ネイルサロン開業プロデュース

開業プロデュース
サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例
申し込み・お問い合わせ

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ