【ネイルサロン面接】どこでする?何聞く?採用すべきネイリストは?

| カテゴリー: スタッフ育成

ネイルサロンを開業するなら、スタッフを探さないといけないですよね。

どこでする?何聞く?採用すべきネイリストは?

今日はスタッフを雇用して開業する場合の『面接』について書いていきます!

ネイリストの面接はどこでする?

サロンがあればお店で面接もできるけれど、これから1店舗目を開業だから、まだない。

そんな時はどうするのか。

レンタル会議室を借ります。

地域によっては、近くに、借りれる会議室がないこともあります。

1日にまとまって何人も面接できればいいのですが、1日1名のみの場合もあります。

その場合は、カフェで面接を行います。

面接では何を聞く?

面接ではこういうことを聞きます。

  • 応募の理由
  • ネイリストになった理由
  • 前職がある場合、退職する理由
  • これまで接客してきた客層や単価
  • 得意な技術など

10〜20個程の質問をすることが多いです。

聞くことも大事だけど・・自分たちの想いを伝える!

『うちのお店はこんな店を目指します』と、自分たちの想い伝えることが大切です!

オープン前なので店のインスタグラムもブログもありません。

どんなテイストの店なのか情報がありません。

応募者へ質問ばかりで、自分たちの欲しい人物像やめざすイメージ像の説明を行わないと、採用後の離職につながってしまうことも。

「思っていた店/人と違った」と双方のイメージが食い違わないように、面接でしっかり共有しましょう!

こんな人だと、ミスマッチが起きる可能性があります

  • 求人票を全く読んでいない
  • 会社の想いや理念に共感を示さない
  • 質問にシンプルに答えない(意思疎通が難しい可能性がある)

採用すべきネイリストとは?

①コミュニケーション能力がある人

②見た目の印象がよい人

③チームワークを大事にできる人

④売り上げを上げる意欲のある人

⑤協力的な人

ちなみに・・・

面接開始15分前に「病気だった祖母が危篤になり、申し訳ありませんが行けなくなりました」とメールを寄越す応募者も本当にいます・・。

無駄な時間を割かずに済んでよかった・・と思うようにしています・・。

面接は第一印象で決まる

ぱっと見の第一印象、実はこれが大事です。

服装がきちんとしている。清潔感がある。笑顔で挨拶ができるなど、第一印象がよい人は、準備をしている人です。どうしたら印象が上がるか、客観的に自分を見れる人です。

面接で感じる印象は、そのままお客さんが感じる印象になります。

笑顔がでる人は、お客さんからも好かれますね。

そして、私たちも応募者から見られています。

面接で応募者が感じる印象は、そのまま会社の印象になります。

この人と働きたい。この会社は安心だ。良い印象を感じてもらえるように、こちらも準備しましょう!

技術レベルを判断できない。採用基準がわからない。

ネイリストではないオーナーさんに多いお悩みですが

採用は開業成功を決める大・大・大事な要素!!

私たちが開業支援を行う時は、ネイリスト・アイリストの面接に同行し、スキルや人物像を判断します。

開業プロデュースは、外見は洗練、中身の技術もしっかり。

開業成功からスタッフ育成まで、お手伝いいたします!

開業知識0、お客さん0から軌道にのる!

東京〜大阪全国300名以上の成功をサポート!

開業支援〜物件・採用・ブランディング・集客までトータルパッケージ
ネイルサロン開業プロデュース

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(3つのご登録特典つき)

プロフィール
サービス一覧
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア