【インタビューから始まる開業プロデュース】答えは自分自身の中にある

| カテゴリー: ■開業プロデュースについて個人ネイルサロン経営成功の秘訣

エミさん
エミさん
オーナーさまの中にあるイメージを引き出して、戦略的にコンセプトを作り、広めることが私たちの役割

こうしたら売れますよ!的な、販促ベースの店作りは魅力がありません。

かといって、やりたいことや考えを整理しないまま始めると、後悔したり、「これでよかったのかな」という思いを抱えたまま過ごす事になってしまいます。

私たちは「答えは自分自身の中にある」と考え、

心の底から納得のいく、満足のいく開業をするためには、インタビューから始めることにしています!

例えば、「自信がつくをコンセプトにしたい」とお話しされていたオーナーさまがいました。

意味は分かるけれどその一言だけだと、なぜ自信がつくのか、誰がどんな時に利用したくなるのかイメージは湧きにくいですよね。

そこで私たちはインタビューし、何度も話しを聞き、質問し、イメージを具体的にしていきました。

すると、より具体的な言葉が出てきました。

「美容にお金を使うことに慣れていない人でも行けるサロンを作りたい。

自分をキレイにすることに慣れていない人が、自分はキレイになっていいんだと、自信がもてるようになってほしい。」

ここまで具体的になってくると、メニュー構成はこうで、接客はこうで、採用で大事なのはこうでと、イメージが具体的に広がり、コンセプトがはっきりしてきました。

【インタビューから始まる開業プロデュース】答えは自分自身の中にある-ネイルサロン開業・経営セミナー東京で開催

別の方は、全く違うメッセージを形にしました。

「せっかく行くなら、多少時間がかかっても丁寧にケアしたい。爪はキレイになったのに甘皮周りがガサガサは残念」

この想いをコンセプトに整え、コンセプトに沿ってメニューを整え、接客や工程を整えました。

一つ一つを具体的にしていくことで、キャラ立ちしているサロンになることが出来ます。

つまり、お客さんに刺さります。

開業,起業は誰かに言われてやるものでは無いので、開業,起業しようと決めて動いている時点で何かしらの目的や目標があるはず。

お金を出して依頼するということは、それだけの情熱や未来があるという事。

理想を実現するために共に考え、一つのチームとして動きます。

私たちは、本気でやりたいことがあって、お金を払ってでも成し遂げたいものがある人に対して、縁の下の力持ちとなり、お手伝いします。

そのお手伝いの方法が、勝つコンセプトと共感と信頼を呼ぶブランディング。

集客できるようにサービスや見せ方を整備する。

【インタビューから始まる開業プロデュース】答えは自分自身の中にある-ネイルサロン開業・経営セミナー東京で開催

さて、今日もいいインタビューができました✨

ここからコンセプトを仕上げていきます!

 

☑︎単価が高くても予約が入る

☑︎自信をもてるサロン

☑︎楽しくやり甲斐のある働き方

ただ単に開業できればそれでいいという人には向いていませんが

“このお店好き!””ここで働きたい”と選ばれる魅力的なお店を作りたい方!

今すぐ一緒に最高のサロンを作りましょう!

知識0、経験0から軌道にのる
ネイルサロン開業プロデュース

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!
『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

 

この記事をシェア