【自分だけのオリジナル】フランチャイズと開業プロデュースの違い

| カテゴリー: ■開業プロデュースについてネイルサロン開業するには

フランチャイズで失敗した、というエピソードをよく見かけますが、どのような起業・開業であっても、必ずメリットデメリットは存在します。

今回はフランチャイズと開業プロデュースの違いを書きますね!

こういう所が違います

完成されたノウハウがあるのは、どちらも同じ。

大きく違うのは、ロイヤリティの有無、商材やメニューのしばりがあるかどうかです。

具体的には

・ロイヤリティ

フランチャイズの場合、基本的に開業後は、本部へロイヤリティを毎月支払います。

毎月●万円と固定されている場合と、売り上げの●%というように変動する場合があります。

・商材やメニューのしばり

本部から商材を購入する必要がある事も多いです。

商材選びがめんどくさい、おすすめされたものでokという人にはお手軽ですが、好きなように商材を使いたい人には、向いていないかもしれません。

商材と同じく、メニューや価格帯に定めがあり、自由にキャンペーンをできないこともあります。

開業プロデュースでは、商材やメニューの縛りは一才ありません。

すべて自由です。

とはいえ、自由に決めていいといっても、膨大なジェルメーカーの中から何を使えばいいの?、価格設定はどうすればいいの?と迷いますよね。

予算やコンセプト別で、仕入れのマニュアルをご用意しておりますのでご安心ください!

結論(伝えたいことまとめ)

フランチャイズもオリジナルの店舗開業も、メリット・デメリットがります。

お店の雰囲気自体にはこだわりがない、すでにあるサロンの名前を使いたい方はフランチャイズ。

理想とするイメージがある、自分の名前で店舗展開を考えている、『自分の思い描くようにやりたい!』という方は開業プロデュースへ。

私は20年間ネイル業界で地に足をつけて働いていましたし、今は多くの講師、ネイリスト、アイリストと提携しているため、スタッフの技術力向上まで、細やかなサポートをいたします。

開業知識0、お客さん0から軌道にのる!

東京〜大阪全国300名以上の成功をサポート!

開業支援〜物件・採用・ブランディング・集客までトータルパッケージ
ネイルサロン開業プロデュース

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(3つのご登録特典つき)

プロフィール
サービス一覧
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア