赤字か黒字か?ネイルサロンの損益分岐点を知ろう

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣

ネイルサロンを開業しようと思うと、「損益分岐点」という言葉を聞くようになると思います。

とっても重要な概念ですが、検索をしても難しい用語や計算式ばっかりでわからないですよね。

そこで今日はネイルサロンの損益分岐点についてわかりやすくお話ししますね!

損益分岐点とは赤字でも黒字でもなく、0のこと

損益分岐点とは・・

売上高と費用の額がちょうど等しくなる売上高または販売数量を指す。前者を損益分岐点売上高といい、後者を損益分岐点販売数量という。

単に損益分岐点と言った場合、管理会計では前者を指し、経営工学では後者を指すことが多い。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これだと難しいですよねえ・・・何言っているのかわかりません。

簡単にいうと、損益分岐点とは『赤字にはなっていないけど利益も出ていない金額』です。

損益分岐点120万円のオーナー

お店を経営するのに家賃やら給与やらで月120万円かかるオーナーがいます。

「家賃と広告と仕入れで・・1ヶ月の損益分岐は120万円なんです」なんて言って使います。

つまりこのオーナーの場合、1ヶ月120万円の売り上げだと利益0。

120万円以上売り上げると利益がでる。

120万円以下だと赤字になります。

ネイルサロンを開業するなら、儲けを出したいですよね。

赤字にならない経営を

そのためには、いくらの売り上げだと黒字になるのか?!赤字になるのか?!を知っておく必要があります。

100万円売り上げた!でもネイル材料の仕入れや家賃で150万円かかった!なんて場合は赤字です。

売り上げ金額だけでなく、いくら売り上げたら黒字になるのか?出ていくお金が毎月いくらなのか?計算しましょう。

 

フランチャイズはいや、自分らしい開業がしたい!

開業知識0、お客さん0から軌道にのる!これまで40サロン以上の成功をサポート!東京から大阪、兵庫、北関東まで多くの実績があります。ネイルサロン開業プロデュース

開業後 予約が減ってきた。スタッフ育成に悩んでいる。施術以外の新しいメニューを作りたい方、まずはお問い合わせください。

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

友だち追加

この記事をシェア