ネイルサロン開業オープンまでのプランを作ろう(事業計画書)

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには
エミさん
エミさん
ネイルサロンを開業すると決めたらプランを立てましょう!

ネイルサロン開業のプランとは

開業プランとは、頭の中にある夢・想い・アイディアを可視化していくことです。

ビジネス用語でいうと、事業計画書といいます。

開業プランをつくることで、自分の考えを客観的にみることができるようになります。

ノートに必要なことを書き出してみるだけでも充分です。

私自身もそう、ノートに書きなぐっただけのプランから始まりました。

かっこよく書く必要はなく、手書きでぐちゃぐちゃでもいいので、考えていることを可視化することが大事です。

事業計画書・12の必須項目

開業すると決めたら、この12項目は必ず決めます。

  1. 事業名
  2. 経営理念
  3. 事業の特徴(コンセプト)
  4. 顧客ターゲット
  5. 顧客ニーズ
  6. 販促方法
  7. 商品・サービス
  8. 仕入れ先
  9. 市場規模の分析
  10. 必要な資金・調達方法
  11. 損益計画
  12. 実施スケジュール

1、事業名は、ネイルサロンを開業する人なら、ネイル事業となります。お店の名前も考えます。

4、の顧客ターゲットは、どんな人を相手に商売をするのか、誰にきてほしいか、ですね。

6、販促方法とは、どうやって店のことを知ってもらい、お客様を集めるか?です。

広告を出す以外にも、看板を出す、ブログを書く、チラシを配る、人に会うなどもあてはまります。

8、準備するものの確認をします。

9、市場規模というのは、ざっくりいうとサロンを出す地域に何人くらいの人が住んでいるか。競合店は何件あるかなど。現実的に周りの状況を把握します。

10、11は必ず数字で表します。

売上、家賃、ネイル商材の費用、ランニングコストを書き出します。

12、サロンオープン日を決め、逆算してスケジュールを組みます。

その他、想定されるリスクとその対応も考えておきましょう。

その後はTODOリストをつくって、進めていきます。

私たちの開業プロデュースは書き込むだけ!のプランニングシートを用意しています。

理想とするイメージを具現化していきましょう!

開業知識0、お客さん0から軌道にのる!これまで40サロン以上の成功をサポート!東京から大阪、兵庫、北関東まで多くの実績があります。ネイルサロン開業プロデュース

 

ネイルマックス12月号「マニキュアリストのお金事情」6ページ担当

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!
『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

 

この記事をシェア