ネイルサロン開業オープンまでのプランをつくる(事業計画書)

| カテゴリー: ネイルサロン開業するには

開業プラン計画

こんにちは、川上笑子(@bionailemi)です。

ネイルサロンを開業すると決めたら12項目のプランを立てます。

ネイルサロン開業までのプランとは

ネイルサロン開業までのプランとは、あなたの頭の中にある夢・想い・アイディアを、数字や文字をつかって可視化することです。

これをビジネス用語でいうと、事業計画書といいます。

開業プランをつくることで、自分の考えを客観的にみることができるようになります。

開業するためには何をすればいいのかが明確になります。

ノートに必要なことを書き出してみるだけでも充分です。私自身もそう、ノートに書きなぐっただけのプランから始まりました。

かっこよく書く必要はなく、手書きでぐちゃぐちゃでもいいので、考えていることを可視化することが大事です。

事業計画書・12の必須項目

開業すると決めたら、この12項目は必ず決めます。

1、事業名
2、経営理念(コンセプト)
3、事業の特徴
4、顧客ターゲット
5、顧客ニーズ
6、販促方法
7、商品・サービス
8、仕入れ先
9、市場規模の分析
10、必要な資金・調達方法
11、損益計画
12、実施スケジュール

1、事業名は、ネイルサロンを開業する人なら、ネイル事業となります。

4、の顧客ターゲットは、どんなお客様を相手にするか、きてほしいか、ですね。

7、販促方法とは、どうやってお客様を集めるか?

広告を出す以外にも、看板を出す、ブログを書く、チラシを配る、人に会うなどもあてはまります。

9、市場規模というのは、ざっくりいうとサロンを出す地域に何人くらいの人が住んでいるか。競合店は何件あるか。

10、11は必ず数字で表します。

売上、家賃、ネイル商材の費用、ランニングコストを書き出します。

12、サロンオープン日を決め、逆算してスケジュールを組みます。

TODOリストをつくって、進めていきましょう!

ネイルサロン開業準備3ヶ月間フローチャート

▶︎ネイルサロン開業準備3ヶ月間フローチャート

メルマガ無料バナー

ビオネイルについて
ネイルサロン開業プロデュース

サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

この記事をシェア



ページの先頭へ