ネイルサロン開業『付加価値』をつける5つの方法

| カテゴリー: 個人ネイルサロン経営成功の秘訣
付加価値ってどうやって付ければいいんですか?
いい所に目をつけましたね!まずは付加価値とは何か?をイメージするために、飛行機を思い出してください
飛行機ですね
飛行機は、「エコノミー・ビジネス・ファースト」と3種類に分かれていますよね。
たしかに!移動時間・移動距離は全く同じなのに、座席によって価格がぜんぜん違いますね!
エコノミーは最も価格が安く、席が狭い。ビジネスになると席が広くなり、食事もグレードアップ。ファーストになれば、個室空間だったり、食事もより豪華に。

これが飛行機の「付加価値」の差による価格差です

じゃあ、ネイルサロンの場合は、どう付加価値をつければいいですか
そうですね!今回は、重要な5つに絞って付加価値をつける方法を学んでいきましょう!

①空間

飛行機と同じように、席や空間は付加価値になります。

  • 長時間座ってもつかれないイス
  • ゆったり寛げる空間

であれば、他の店より選ばれる理由ができます。

インテリアや壁紙、装飾品によっても付加価値を付けることができます。

ティーサービスのカップにこだわる、音楽にこだわる、アロマを焚くなども付加価値になりますね。

ネイルサロンは滞在時間が長いため、イス付加価値要素は大きいですね。

友人が、こんなことを言っていました。

「この間ネットで予約してネイルサロン行ったんだけど、事務所をちょっと改装したような殺伐とした雰囲気で、イスもパイプイスだったの!安かったけど、もう行かない」

今はもうこのネイルサロンは無くなりました。

②新しさ

新しいということは、付加価値になります。

毎月の新作、新メニュー、新〇〇。新しいものに人は興味をそそられます。

逆に、古いことが付加価値となる場合もあります。

創業120年、老舗サロンなど、古いことが付加価値になります。

③実績

『ハワイでNo1のパンケーキが上陸!』など、すでにある実績を示すことで付加価値を提供できます。

数字を見せることで、より信頼性の高い実績になります。

  • 年間◯人ご来店
  • オープンして◯年
  • 口コミ数◯◯
  • リピート率◯%

コンテスト◯位、権威のある資格所持 などが付加価値となります。

有名人の△△が通うなども、付加価値のひとつです。

④商材

商材による違いも付加価値になります。

認知度が高く、みんなが高級だと認識している商材は納得感がでます。

バイオジェル、カルジェル、パラジェルはプロ以外の人でも知っているメーカーです。他より高いことを知っている人が多いです。

また最近の美容院は「イルミナカラー」「スローカラー」「アヴェダカラー」など、メーカーの名前を入れたメニュー名にしている事も多いですね。

⑤技術

最後にやっぱり「技術」です。

他ではやれない技術。

決まった中から選ぶのではなく、オーダーメイドできる。

ジェルネイルのもちや剥がれにくさ。

丁寧さや手間も付加価値です。

ただし、丁寧さと時間はイコールではありません。時間がかかりすぎる場合は、付加価値と言えません。

お客様のニーズと、提供できる技術をうまく掛け算することで、高い付加価値になっていきます。

まとめ

5つの付加価値の付け方についてご紹介しました。

競争激化のいまは、付加価値がなければ、価格を下げても売れることはありません。

まずは、ご自身が「自分のサロンの付加価値」を知り、情報発信していくことが大事です。

私自身も2度目の開業をした時、この5つの付加価値が伝わるように工夫しました。

自分の価値をただしく知れば、付加価値を表現し、発信することができます。

付加価値をあげるヒントにしていただければ幸いです!

 

開業知識0、お客さん0から軌道にのる!これまで40サロン以上の成功をサポート!東京から大阪、兵庫、北関東まで多くの実績があります。ネイルサロン開業プロデュース

 

ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

友だち追加

 

この記事をシェア