自撮りをすすめられなくてホッとしています

| カテゴリー: クライアントの声&コンサルティング事例

川上笑子です。

「自撮りをすすめられなくて、ホッとしています。」

受講生であるネイリストさんから、こんなご感想をもらいました。

「自撮りをしてブログにアップする!」というアドバイスをすることは、私はしません。

目指す方向性によってはおすすめですが、皆んながやった方がよいというものではないです。

女性起業家さんのコンサルを受けたり、セミナーに行くと、自撮りをすすめられることが多かったようですね。

自撮り写真を毎日アップしている講師は、「自撮り写真を載せましょう」とアドバイスする確率は高いです。

そのやり方が良いと思って、講師本人がやっているのだから、すすめられて当然です。

なぜ自撮りかというと、顔を見せようということです。しかし毎日人に撮ってもらうのは大変だから自分で撮ろうと、そういうわけです。

ではそもそも、顔は出した方がいいのか?

結論からいうと、顔は出した方が良いです。

1対1のサロンで、どんな人が担当なのか分からなければ、お客さんは不安です。

しかし毎日アップする必要はありません。

顔写真は必要ですが、キメ顔も要いりません。

正直、自撮り写真ばかりアップしている人は、実績もサービスも薄そうにみえます・・

受講生であるオーナーさんたちは、自撮りは全くせずに60万円、100万円と続々と売り上げを伸ばしています。

売り上げを伸ばすことと、自撮りをアップすることは関係ないですよ!

メルマガ無料バナー
ネイルサロン開業の行き詰まりを打開する唯一の方法!『50万円売り上げるひとりサロンリニューアル術』7日間無料メール講座(ご登録特典つき)

ビオネイルについて
ネイルサロン開業プロデュース
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

友だち追加

この記事をシェア



ページの先頭へ