ネイルサロン開業メニューと価格設定の決め方

| カテゴリー: メニュー・価格設定

ネイルサロン価格設定

(編集注*2015年4月21日に公開された記事を再編集したものです。)

 

ネイルサロン開業をする際に、いちばん難しいのが価格設定ではないでしょうか。

そこで今日は、ネイルサロン開業の際に行う「メニューと価格設定の決め方」について解説していきます。

価格とはそもそも何?

価格とは何でしょうか・・?

価格とは、価値との交換です。

ネイルサロンの価格とは、技術だけではありません。

「接客サービス」「空間」「原材料」「会話」など、全てを含めたものが価格になります。

「立地の良さ」「内装・インテリアなどの調度品」も付加価値としてサービス価格に含みます。

価格とは施術をする時間や、アートの量だけではありません。価値です。まずはこの意識をもつことが基本です。

原価計算をしましょう

価格設定をするときは、ひとり当たり1回の施術にかかる原価(材料費)を必ず計算します。

ネイルサービスをするには、ジェル代・カラージェル代・消毒液代・ファイルやコットン・ネイルオイル代等がかかりますよね。これらを総称して原価といいます。

<原価計算は簡単にできます。>

例えば、一人当たりのクリアジェルの使用量が0,2gとします。ジェルネイル10g5000円のクリアジェルなら50回分です。一人当たりの原価は100円と算出できます。

同じようにカラージェルや、コットンの原価も計算します。お茶のサービスをするなら、お茶の原価も価格に含めましょう。

ジェルネイルとネイルケアならば、一人当たりの原価(材料費)は異なるので、メニューごとにいくらの原価がかかるかを必ず計算しましょう。

5000円のジェルネイルメニューを提供するために、500円の原価がかかる場合、利益4500円。原価率10%。ここから人件費や家賃を引きます。

ネイルサロンの原価率は7%が適正といわれます。私自身は収益構造を踏まえた上で10%にしていましたが、しっかり考えましょう。

価格設定のよくある間違い

これまでコンサルティングやセミナーをやってきて、たくさんの人がやってしまっていた価格設定の間違い。これから独立開業するネイリストさんが、絶対にやってはいけないことはこれです。

「何も考えずに以前勤務していたネイルサロンの価格より下げること」

自宅サロンだし、価格を下げたらお客様も来てくれるだろう。自分のネイルサロンがある地域の価格帯より低くすればお客さまは来てくれるかな。

このように安易に考えると、後々の営業が厳しくなることは間違いありません。

あなたのサロンに来店する理由は、安いからでしょうか?

あなたにやってもらいたいからでしょうか?

「あなたにやってもらいたい」というお客さまにこそ、来て欲しいですよね。安さをウリにせず、価値を感じて来てもらえるように価格を決めていきましょう。

そのためにはコンセプトを決めます。

価格設定はコンセプトを決めてから

価格設定はコンセプトが大切になります。逆にいえば、コンセプトが決まっていない時に、メニューや価格を決めることはできません。

メニューや価格設定は、コンセプトを決定した上で行います。

ネイルサロン開業にコンセプトは必要か?

価格のレベルがその店のレベル

「価格は経営」これは、京セラ創業者の稲盛和夫さんの有名なことばですが、その通りではないでしょうか。

価格とは、サービスの価値です。

価格は、使用する商材、接客、ネイル技術によるお店の価値を表し、さらにはお店のレベルの評価基準となります。お客様はサービスの価格設定と、全体的なバランスを判断した上でお店を評価します。

商材や技術だけでなく、サロンの内装や雰囲気、接客レベルやスタッフの礼儀作法までのすべてが、メニューの価格設定にあらわれることになります。

定額制ネイルメニューをつくろう

ここからは実践編です。ネイルサロンのメニューは、カタカナが多く、細かいですよね。

クリアジェル、ワンカラー、グラデーションにスカルプチュア・・これらの言葉は専門用語であり、ネイリストならわかるけれど、一般のお客さまには難しいもの。

そこで、定額制のメニューをつくりましょう!

松竹梅で定額制ネイルメニューをつくろう!

▶︎松竹梅で定額制ネイルメニューをつくろう!

▶︎特上メニューを取り入れるだけで売上倍増!

▶︎【実録】ネイルサロン開業にかかった費用完全公開

 

ネイルサロン開業プロデュース

ビオネイルについて
ネイルサロン開業プロデュース

サービス一覧
セミナー・イベント
お客様の声・成功事例

この記事をシェア



ページの先頭へ